2009/11/10

いいぞぉーGXR

rosep07k102.jpg

K10D

リコーの新製品が発表になりましたねぇ。
メーカーのホームページに充分な情報が公開されている点でさらに好感度アップです。

<気に入った点>
大きさと重さはGRをほんの少し大きくしただけ
操作系は従来と変わらない
50mmレンズはピントリングがあり、手でも操作できる点。 単焦点。
レンズのヌケを考慮したローパスフィルター設計
50mmとAPS-Cの組み合わせで良好なボケ味が得られる設計
シャッターボタンが円形になった点
RAWが使える点
価格 (単品でみれば高いが性能や品質から見て妥当な価格設定と思う)

<残念な点>
28mmの固定焦点APS-Cが無い点
これをリリースして欲しければお布施しなさいって感じ?
手ぶれ補正が無い

んー、価格的には50mmユニットのフルセットならライカX1といい勝負ですね。
GXRほうが圧倒的に、お買い得感があります。大きさは横長か縦長の違いで互角。
堅牢性は互角ですが故障率なら構造が単純なX1が有利。レスポンスやフィット感は
実際に持ってみないと分かりません。画質はX1のほうが上のような感じがしますが
GRレンズですからGXRも侮れない。心配なのは相変わらずノイズの多いGRエンジン。
昔、GR使っていて、これで50mmだったら完璧と思ったことがあったのでAPS-Cで
ノイズが抑えられていれば、ホントに傑作カメラかもしれませんね。
ユーザーと一緒に成長するカメラって感じで玄人向けのカメラになってきましたね。
このような状況になってくると、カメラをどのような使い方にするか良く考えないと
いけませんねぇ・・。



2009/11/03

次回に持ち越し

roservp50-12d.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今日は入間基地の航空祭でしたが、明日からの仕事のため撮影は中止しました。
金曜日まで、ちょっと大変(泣) 飛行機の知識詰め直して準備は一応OK(笑)




2009/10/30

今年の薔薇写真ベスト

rose09best.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今年の薔薇写真のベストです。
写真の調整はしていません。ちょっと雰囲気が違うと思います。
これは背景の空と雲の色出すように、かつ森がボケるように露出を調整しています。
葉っぱからの光の反射が花に当って、ボーっと光っている瞬間を撮ってます。
薄雲と太陽の動きで花に光が当る位置と強さが刻々と変化するので、追いながら
構図がシンプルになるように、レンズの最短距離(1m)で撮ってます。
反射が強いと影も強くなるので、全体の光量が落ちて花だけ光るところを狙ってます。
けっこうアクティブな撮り方になって面白かったです。
2009/10/28

Dornier 228

cv100r9.jpg

Leica MP
SUMMICROM 35mm F2 ASPH.
RVP100

この機体は層流翼(TNT翼)という翼の先の形状に特徴がある翼です。
これは翼端失速を防ぐ役割があります。
胴体もイルカみたいな形をしています。
けっこう大きい機体で乗員19名のターボプロップ機ですが、約3.3トンという重量です。
飛行船で有名なドイツのツェッペリンの技術者のドルニエが設立した会社で、
戦後、ダイムラーベンツを経て、アメリカのフェアチャイルド傘下になりましたが
同時多発テロによる航空業界への影響で倒産しました。
フェアチャイルドで有名なのはA-10対地攻撃機ですが、レアな話をすると
アポロ月着陸船(プライム・コントラクター/グラマン社)に搭載する慣性航法用計算機として
集積回路を作りました。ICやLSIが発達したのはアポロ計画をはじめとした宇宙開発なんですね。
昔の話だけど使ってたフライトシミュレーターのスパコンがフェアチャイルド製だったので、
中を開けて見たらアポロ月着陸船に搭載しているモジュールとほんとそっくりだったのに
笑っちゃいました。ただの電子回路なんだけど、すごい電力を使うので作りに芸術的な
美しさがありましたねぇ・・・。

2009/10/26

dark grayish

roservpf4.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

薔薇を撮っているとビビットな色ばかりに目がいきますが、
こういう渋い色もあったりするのです。
意外と気に入った1枚です。




2009/10/25

WACO YMF Super

cv09100r12.jpg

cv09100r15.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP100 (Velvia 100 Professional)

複葉機の利点はコンパクトな点。翼が2つあるから揚力は2倍というわけでないです。
昔は長い翼を作るのは強度の点で難しかったから、2枚にして揚力を稼ぎました。
この機体の名前がわからなかったんですが、公式ホームページを見つけました。
調布飛行場祭でフライングクラブとして出展していましたが、趣味でできるはずがなく、
気になったもので調べました。やっぱり企業所有ですね。


ドリームエアー社 公式HP



2009/10/21

実験機

cv09100r002.jpg

Leica MP
SUMMICROM 35mm F2 ASPH.
RVP100

調布飛行場祭での写真ですが、
今日は丸一日、この機体と外で一緒にいました。
めちゃくちゃ日焼けしちゃったんですけど。
・・疲れた(笑)


2009/10/20

複葉機

cv09100r001.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP100 (Velvia 100 Professional)

調布飛行場祭の写真です。
複葉機を間近で見たのは初めてです。
やっぱりプロペラが木で出来ているのは、かっこいいなぁ。

2009/10/19

太陽のライティング

09rvp50r05.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今回の一連の薔薇写真は今までのものとは狙い方を変えています。
奇麗だからと言って漠然と撮っていたのでは、みんな同じような
写真になってしまいます。一眼レフにマクロやズームを使えば
構図のバリエーションは増えますが、手持ちの機材は50mmと
レンジファインダーカメラだけなので構図は限定されてしまいます。
それで太陽光の当る位置や強さと構図を組み合わせて、色の重なりや
絞りによる色の変化に注意してバリエーションを出しているのが今回の撮り方です。
どうです? スタジオで撮ったように見えますか?  



2009/10/18

Y

09rvp50r04.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今日は調布飛行場祭に行ってきました。
実はあまり期待していなかったのですが、想像していたよりもかなり面白かったです。
なかなか充実した立派な航空祭だと思いますよ。
ここは入間か? というくらい来場者も多かったです。
現像は20日あがりなので、お楽しみに。
調布飛行場祭の実行委員会の方のブログでしょうか?
タイムリーな情報提供ありがとうこざいました。非常に役立ちました。
来年も絶対行きますね。




2009/10/17

二色咲き

09rvp50r03.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

よくわかりませんが、薔薇は単色と二色ものがあるようです。
二色のものを二色咲きというらしいです。


2009/10/16

太陽と薔薇

09rvp50r02.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今回の一番危険な撮影。5秒以上はシャッター布幕に太陽直撃でした。
チャージされてなかったら焼けていたカモネギです。
良い子は絶対マネしないように(笑) Mライカを太陽に向けるなんて正気の沙汰じゃないですから(笑)

前のエントリーもそうですが、空の青が地上から天頂まではっきり濃く写っているところが
ライカのレンズです。ツァイスも空の青は写りますが、ここまでは写りません。
空の描写に関してはツァイスは水のように写りますが、ライカは絵画のようになります。
どっちも良いのでメーカーの優劣は付けませんが、私はライカのほうが好みです。

しかし、これが39年前のレンズとは思えませんねぇ。ズミルックスでコーティングを
改良した直後のレンズです。色かぶりをほんの少し補正してますが、それ以外の調整は
していません。




2009/10/15

ベルビア100Fの感想

09rvp100r01.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVPF (Velvia 100F)

今回初めてVelvia 100Fを使ってみました。
普段はVelvia50なので感度が倍になると自由度が増したように感じました。
Velvia 100Fの評価するために意識して撮っていないので2,3枚のポジを見た感想です。
Velvia50よりもコントラストが柔らかくシャープさや発色性も落ちますが、それが丁度よい
くらいに抑えられています。色の再現性もいい感じです。
粒子性はスペック的には落ちるはずですが、差が分からないです。
Velvia50は攻撃的な画質で画像調整でわざわざ画質を落とすこともしていますが、
Velvia 100Fは大人しいので、そのままで使えます。
総合的にはVelvia 100Fのほうが自分には好ましい絵になってくれそうです。
他のリバーサルを使わないのは基本的に「硬調フィルム」が好きだからです。
広告は「硬調」ですし・・・。

そうそう・・もうひとつ書くことがありました。
今日は職場の人に写真集を見せてもらいました。
こうしたら、もっと良くなるみたいなことしか言わなかったですが
中身的なことも、しっかり見てました。
被写体そのものやシャッターチャンス的には問題なく、中身にケチつけるような
点はないですが、撮影者がカメラに振り回されているのが伝わってきます。
カメラマンの緊張が写ってました。どんな状況でもきちんとカメラをホールドできる
ように訓練することは落ち着いて撮影することの第1歩です。
落ち着けば、状況を読めるようになって、きれいに撮れる対処の余裕ができます。
写真集の作り方では、題名が「夏休み」であれば、何処にいったのか分かるような
象徴的なワンカット、たとえばキャンプ場の風景とか、実家であれば「これを見ると
帰ってきた感じがするもの」とか入れ込むと時系列的にリアリティが出て写真集の
重みが増すと思います。家族の顔はいつでも撮れます。どこか旅行で行った先の
家族の顔、といった関係を写真集の中で作るわけです。さらに枷も入れると面白く
なります。たとえば地方のローカル線に乗ったとすると「時間がかかって大変だったね、
でものんびりした旅だったね」とか演出できるわけですね。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。