2009/10/19

太陽のライティング

09rvp50r05.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今回の一連の薔薇写真は今までのものとは狙い方を変えています。
奇麗だからと言って漠然と撮っていたのでは、みんな同じような
写真になってしまいます。一眼レフにマクロやズームを使えば
構図のバリエーションは増えますが、手持ちの機材は50mmと
レンジファインダーカメラだけなので構図は限定されてしまいます。
それで太陽光の当る位置や強さと構図を組み合わせて、色の重なりや
絞りによる色の変化に注意してバリエーションを出しているのが今回の撮り方です。
どうです? スタジオで撮ったように見えますか?  



2009/10/18

Y

09rvp50r04.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今日は調布飛行場祭に行ってきました。
実はあまり期待していなかったのですが、想像していたよりもかなり面白かったです。
なかなか充実した立派な航空祭だと思いますよ。
ここは入間か? というくらい来場者も多かったです。
現像は20日あがりなので、お楽しみに。
調布飛行場祭の実行委員会の方のブログでしょうか?
タイムリーな情報提供ありがとうこざいました。非常に役立ちました。
来年も絶対行きますね。




2009/10/17

二色咲き

09rvp50r03.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

よくわかりませんが、薔薇は単色と二色ものがあるようです。
二色のものを二色咲きというらしいです。


2009/10/16

太陽と薔薇

09rvp50r02.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今回の一番危険な撮影。5秒以上はシャッター布幕に太陽直撃でした。
チャージされてなかったら焼けていたカモネギです。
良い子は絶対マネしないように(笑) Mライカを太陽に向けるなんて正気の沙汰じゃないですから(笑)

前のエントリーもそうですが、空の青が地上から天頂まではっきり濃く写っているところが
ライカのレンズです。ツァイスも空の青は写りますが、ここまでは写りません。
空の描写に関してはツァイスは水のように写りますが、ライカは絵画のようになります。
どっちも良いのでメーカーの優劣は付けませんが、私はライカのほうが好みです。

しかし、これが39年前のレンズとは思えませんねぇ。ズミルックスでコーティングを
改良した直後のレンズです。色かぶりをほんの少し補正してますが、それ以外の調整は
していません。




2009/10/15

ベルビア100Fの感想

09rvp100r01.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVPF (Velvia 100F)

今回初めてVelvia 100Fを使ってみました。
普段はVelvia50なので感度が倍になると自由度が増したように感じました。
Velvia 100Fの評価するために意識して撮っていないので2,3枚のポジを見た感想です。
Velvia50よりもコントラストが柔らかくシャープさや発色性も落ちますが、それが丁度よい
くらいに抑えられています。色の再現性もいい感じです。
粒子性はスペック的には落ちるはずですが、差が分からないです。
Velvia50は攻撃的な画質で画像調整でわざわざ画質を落とすこともしていますが、
Velvia 100Fは大人しいので、そのままで使えます。
総合的にはVelvia 100Fのほうが自分には好ましい絵になってくれそうです。
他のリバーサルを使わないのは基本的に「硬調フィルム」が好きだからです。
広告は「硬調」ですし・・・。

そうそう・・もうひとつ書くことがありました。
今日は職場の人に写真集を見せてもらいました。
こうしたら、もっと良くなるみたいなことしか言わなかったですが
中身的なことも、しっかり見てました。
被写体そのものやシャッターチャンス的には問題なく、中身にケチつけるような
点はないですが、撮影者がカメラに振り回されているのが伝わってきます。
カメラマンの緊張が写ってました。どんな状況でもきちんとカメラをホールドできる
ように訓練することは落ち着いて撮影することの第1歩です。
落ち着けば、状況を読めるようになって、きれいに撮れる対処の余裕ができます。
写真集の作り方では、題名が「夏休み」であれば、何処にいったのか分かるような
象徴的なワンカット、たとえばキャンプ場の風景とか、実家であれば「これを見ると
帰ってきた感じがするもの」とか入れ込むと時系列的にリアリティが出て写真集の
重みが増すと思います。家族の顔はいつでも撮れます。どこか旅行で行った先の
家族の顔、といった関係を写真集の中で作るわけです。さらに枷も入れると面白く
なります。たとえば地方のローカル線に乗ったとすると「時間がかかって大変だったね、
でものんびりした旅だったね」とか演出できるわけですね。







2009/10/14

秋の薔薇

09rvp50r01.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今年の秋バラ1号です。
11日に一日かけて神代植物公園で撮ってきました。
お約束の機材とフィルムでしたがRVPFも使ってみました。
初回なのでよく撮れたものをエントリーしました。
画像調整は一切やってません。(調整する必要がないから)
70枚ほど撮りましたが使えるのは20枚程度です。
少ない理由は逆光キラキラを狙ったが期待した結果が出せなかったからです。
薔薇は日光が強いと、やっぱりダメです。葉の反射も強いです。
雲が流れて太陽が隠れてる時が一番いいです。
この写真はそのタイミングで撮ってます。
花や構図で勝負というより、ほとんど太陽と勝負していた撮影でした。
でもまあ、これはこれで狙ったとおりになっているので進歩はしてるようです(笑)。

2009/09/10

Leica X1 (CCDはソニー製)

st09baray2_20090910200413.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

Leica X1の情報がライカのホームページに掲載されました。
センサはシグマソニーの1200万画素APS-Cでした。
来年1月ごろから入手可能になりそうですね。
OEMじゃなく、オリジナルで20万円程度なのでライカとしては
頑張った価格かと思います。安いと思いますよ。
デジ一眼の画質をコンパクトカメラでという日本で絶対やらない作りを
してくれたのは嬉しいですね。レンズも結構良いのではないかと思います。
DNGフォーマットというのも好感が持てます。
デザインもバルナックとMシリーズの良いところ取りで好きですね。
今後、確認したい点はボディの材質です。見た目ではM9と同じ金属製のように
見えますが、かなり軽いので外装はプラスチックかもしれません。(想像だよ)
ドイツ製だからこそ、しっかり確認したい点ですね。
私の場合はこの点を重要視します。

では誰かさん、人柱よろしくおねがいします(爆)

(追記)
このエントリー後、カタログよく読んだら金属製で本皮貼りと書いてました。
外付けファインダーは専用なのか、既存のものなのか・・・。
どちらにしても別売りなので付けると3~6万円アップします。
これいいー。欲しい。エルマリートだからレンズ固定でもOK。
マニアのツボをしっかり狙ってるな~。

というわけで、誰かさん、人柱よろしくおねがいします(爆)


(追記2)
センサーはシグマでなくソニーでした。
ボディはマグネシウム、天と底はアルミだそうです。
EVFは無し。ちなみにM9はやっぱりコダックのCCDとのこと。

というわけで、誰かさん、人柱よろしくおねがいします(爆)


2009/09/05

どうやらM9

vstgst.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

来週9日に、ライカの新カメラが発表になる。どうやらM9と一眼のRシリーズをカバーする
ミラーレスのデジカメのようだ。マイクロフォーサーズではないらしい。
まあ、現状の機材に満足しているけど、Mシリーズのサイズで一眼デジタルの性能のものなら
欲しいなと思っているので楽しみではある。が、モノ買いは慎重に(笑)。
一応、ド素人ではないので節操のないカメラ買いはかっこ悪い。
確実に良くて、長く使えるカメラなら買う。
ライカ以外は使えない体になってしまったので、こういうのはヤバイよな~(笑)


本日のYOUTUBE
iTunesで偶然見つけた・・というより懐かしいのでついつい、次の3曲を買ってしまった。
当時、映画の影響もあってヒットし、早くにスタンダート化したような記憶がある。
調べるとBee Geesって70年の代グループだったんだね。私の年代の曲ではないけど。
ちょい古い曲探し、記憶を掘り起こして頭の回転上げるには丁度いい。

Bee Gees - Night Fever

Bee Gees - Stayin' Alive (Full Version)

Bee Gees - How Deep Is Your Love




2009/08/31

Panthera uncia

vis80.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

たれねこっ! さんでSnowLeopardにアップグレードという話があったので
私も早速入れてみました。インストール時間はOS本体は50分、Xcodeは30分でした。
Xcodeは必須じゃないけど、そのうち開発環境いれてホニャララ(笑)しょうと思って
いたので入れておきました。

mailのトラブルとかはなかったですが、起動時にBuletoothが勝手にONになって
外部キーボードの入力待ちに。ノート本体のキーボードが全く使えない状態でしたが
再起動してログイン画面が出たらすぐに入力でOK。すぐに設定変えました。

全てとはいえませんが、スムーズに動くようになりました。ある程度OSが学習してくると
安定するのかなと思います。
私の場合はパソコンの反応で待てる時間が半拍(一拍の半分)までなので、それを基準にスムーズという話ですが・・・。
32bitアプリケーションでも違いが出てくるのだから、64bitにしたくなってきます。
Lightroom1.4でもいい具合に早くなりますが、Lightroom2.0で64bit処理狙いますか。

さて、題名のPanthera unciaはなんて読む? パンテラ・ウンキア(ウンシア)。雪豹の学名。
ちなみにラッキー君の学名はFelis catus フェリス・カトゥース。小型ネコの家猫って意味。
雪豹の学名何かな~って調べました。ネコ科は全部Felisかと思ってましたが違うんですね。
学名はすべてラテン語です。発音はほとんどローマ字読みと思っていいですけど、ちょっと
テクニック必要です。ウンキアの意味は1/12ということでインチ(inch)の語源。
パンサー12頭のうち1頭の割合でしか居ないパンサーって意味かもしれませんね。
絶滅危惧種なんですよね。







2009/08/25

テディベア(Teddy bear )

sdb1.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

テディベアという名のひまわりだそうな。
クマのキャラクターでは、くまのパディントンが好きだな。車(旧ミニ)のマスコットだし。
うさぎならミッフィー、ねこならチーだな(笑)。

本日のYOUTUBE

村松 健  ハイドランジャ

松岡直也_One Last Farewell

本多 俊之 マルサの女


2009/08/22

Red Bull

viz03m.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

車といえばカーレース。カーレースといえばF-1。知らない人はいない。
車には及ばないけど飛行機も100年以上の歴史がある。
あれ? 曲芸飛行はあるけど、そういえば飛行機レースは?
そんな感じで出来たのが空のF-1。レッドブル・エアレース。日本人も参戦してます。
このレースがあるのは知っていたけど、不景気や環境問題でF-1もしょぼく感じるように
なったので、これからはレッドブル・エアレースに注目しようと思うのです。
車のレースじゃなくて飛行機のレースってのは宇宙時代にふさわしい感じがします。

レッドブル・エアレース公式ホームページ

スポンサーはBREITLING(ブライトリング)。オメガじゃなくパイロット御用達の
ブライトリングってのが格好良すぎ。
周りにオメガを持っている人はけっこういますが、さすがにブライトリングの腕時計を
持っている人は見た事ありません。あまりに高すぎて買えません。
私は場合はオメガどころか精々、ハミルトンで精一杯でしょう(笑)










 



2009/08/18

Feel so good

viz23.jpg


Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

本日のYOUTUBE

曲名を見たら思い出したFeel so good。
これはほんとに良く聴いた。今日、たぶん30年ぶりに聴いたけど、
フレーズは隅から隅まで全部覚えてたよ。
Children Of SanchezはCMにも使われたような記憶が・・
本日のYOUTUBEのテーマは「音楽嗜好の原点」かw


Chuck Mangione - Feel so good

Chuck Mangione Children Of Sanchez


Lee Ritenour & Bob James - Westchester Lady

Touchdown-Bob James





2009/08/17

夏の感想文

vaz1.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

ひまわりの写真に初挑戦です。ほんとは夏休みに瀬戸内のほうに行って
広いひまわり畑で撮りたかったのですが、あの豪雨と地震。
リスクが有り過ぎなのであきらめました。
近郊の小さなひまわり畑で撮りましたけど、面白かったです。
たぶんキャパの写真だと思いますが、印象の強いひまわり畑の写真がありまして
いつかそんな写真を撮ってみたいなと・・・、たぶん毎年撮る事になるでしょう。
薔薇と違ってきれいな形や色という「華」の要素が無いくせに、極端に大きかったり
小さかったり、色は扱いにくい黄色が主だったり、葉のもつ色の波長も独特。
大きいとやはり強い光源(太陽)が必要で、雲に太陽が少し隠れただけで映えなく
なります。背が高いから基本的に逆光になるうえ、花自体のコントラストが高いので
撮影は非常に難しいと感じました。MライカだとISO50またはそれ以下じゃないと
撮れない感じです。今回の機材とフィルムの組み合わせでなんとか撮りました。
漠然と撮るなら簡単ですが、どのような絵にするかコントロールしようとすると
大変です。力強い花ですからコントロールできると楽しい写真になるだろうと
思います。撮影は難しい分、撮れたら楽しい、それがひまわりの魅力かなと思います。
で・・・しばらく、ひまわりの写真が続くであろうブログであります。
だって、ひまわりの写真しか撮ってないんだもん。
あと、ハービー山口氏の写真展に行ってきました。写真集LONDONも買ってきました。


2009/06/10

つまんない写真でも

st09ntt.jpg

自分が撮ってしまった写真だ。見せられるようにするのも腕のうち。
そんな言い訳でいいワケがない。


本日のYouTube

morning dance - spyro gyra
最近、町中の有線で耳にすることがあるけど、流行ってんのかな。

Swing Out Sister - Breakout
これ、日本では1996年にヒットしたけど実は1986年の作品。初めて聞いたのは1987年くらいだったかな。その当時は日本でヒット「させる」予定の音楽を聞く事ができた。
音楽も所詮は商品。日本に売り込む海外の音楽を選ぶ仕事の人もいる。
今思えば、それはどうやら義妹の仕業だったらしい・・・。

アントニオの歌-UA
強い雨の夜、映像ディレクターの家に遊び行った時に、流れていたBGM。この曲を聴くと思い出す。アンディ・ウォーホルが映画監督をしている時の記録写真や記事が部屋の壁一面に貼ってあった。




2009/06/07

ネタ切れ・・か

st09bara20.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

んー、いよいよ写真がなくなってきた。前に撮ったフィルムを探せばいくらかありそうだけど。
このまま梅雨入りでは、また暫く更新できない感じがするなぁ(汗) 仕事も緊張を要することが続くし・・。

そうそう、ノクトンF1.1 50mmのVMレンズが発売になりますけど、写りがいいですね。
12万円するけど、この手のレンズだと普通の価格だし。レンズの癖はノクチルックスより
好きだなぁ。もっとも新品ノクチルックスなんて手の届かない値段ですけどね。

本日のYouTube

Aria di Bach (Air for the G string ) Modern Jazz Quartet
G線上のアリアですね。やっばりミルト・ジャクソンのビブラフォンはいい・・。

Pyramid - STREET LIFE
おなじみのSTREET LIFEですが、オリジナルよりいい感じ。

Phil Collins - You Can't Hurry Love / Two Hearts (Live)
ちょっと思い出して、懐かしい2曲。

2009/05/31

空に太陽を

st09green.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

MP持って港で撮影している夢を2回見たよ。石畳の町で外国っぽい風情なんだよね。
15枚くらい撮っているとMPの巻き上げがジャムって、「ああフィルムこれだけなのに」。
それで町のカメラと用品だけ置いている洋風の写真屋さんでフィルム買おうとするけど、
へんな店でなぜかフィルムが買えない。そこで夢から醒める。
休日に限って天気が悪い日が続くと、さすがに夢にまで見るか・・・。

でも、なんで夢の中でMPの巻き上げがジャムるのか・・ありえないし信頼性が高くて安心
してるんだけどね。前にMPで巻き上げ失敗するようにわざと操作したことあるけど、
なんともないのにびっくりしたくらいなんだけどね。大昔、実際に巻き上げがジャムって
シャッターチャンスを逃したことが効いてるのだろう。
その点、機構がシンプルな機械式シャッターのレンジファインダーカメラは安心できる。

本日のYouTube

写真にあわせると、この1曲かな。
渡辺香津美(LIVE) ワーニャ伯父さん~ザ・フール・オン・ザ・ヒル
CDのギター・ルネッサンス2(夢)に収録されているほうが好きだけど雰囲気は同じ。
渡辺香津美のギター・ルネッサンス・シリーズは3枚あって全部持っているけど、芸術家の域に達しているね。クラシックからジャズまでソロ演奏で幅広くカバーしているけど、レベルが高すぎて聴くにも相応の覚悟が必要(笑) iTuneでも入手可能です。

追加(笑)
渡辺香津美(LIVE) libertango


ほか、偶然みつけた通なYouTube ギター編

鳥山雄司/Hi! Sakurako-San
あれあれ・・CD持ってるけど、何処に行った(汗)

増尾好秋/DEALING WITH LIFE

増尾好秋/a little bit
古い音源でYouTubeにしては、まずまずの音で再生できている。


ハマったYouTube アニメ編

Wo Qui Non Coin
声が可愛い過ぎ(笑)

Monochrome
音圧レベル高いのでボリューム注意



2009/05/18

単純にモノクロ化

st09baray2.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

Photo Shop Elementsのモノクロ化(風景)フィルターを
デフォルトで使ってみたらいい感じ。

本日のYouTube

CM
COLOR IS COMFORT. UNIQLO TVCM

オリジナル曲
How Beautiful/土岐麻子

===================================================

CM
日産TEANA CM 「Waltz for Debby」

オリジナル曲
土岐麻子 - Waltz for Debby (LIVE)

ホントのオリジナルかつ作曲者本人
Bill Evans - Waltz For Debby

===================================================
EW&F のSeptemberを土岐麻子が歌うとこうなる。 
September 土岐麻子Var.

2009/05/17

逆光勝負

st09barfy1.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

そのうちシャッター布幕を焼いちゃうぞと。このレンズ、70年製だけど現行ツアイスと
いい勝負してる。

本日のYouTube

Stephane Grappelli Plays "How High The Moon"

STEPHANE GRAPPELLI: "California, here I come". Live in San Francisco. 1982.

ジャズ・ヴァイオリニストの第一人者、ステファン・グラッペリ(1908年ー1997年)。
初めてWOWOWで見て、すぐにDVDを買いに行ったくらいインパクトありました。






2009/05/13

白つつじ

st09tutug1.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

本日のYouTube

LEICA M6 のTVCM

Oliviero Toscani (BENETTON)

VOGUE MAGAZINE by Tim Walker.

Tim Walkerの撮影作業

今回は写真関係の映像でまとめてみました。LEICAのCMは無難な線を狙ったということ
くらいですけど、ベネトンのCMを調べていて思い出しましたのでちょいとゴタクを並べます(笑)
Oliviero Toscani(オリビエーロ・トスカーニ)はベネトンの専属カメラマン兼ディレクターで
イタリア人です。父親はムッソリーニの専属カメラマンという人でした。
Tim Walkerはブログでも何度か紹介していますがイギリス人でファッション誌VOGUEの
専属カメラマンです。ともにファッション界の大御所カメラマンですが、追求している
方向が全く逆?という感じです。トスカーニは現実を直視させる社会派、ウォーカーは
完全に空想の世界を表現しています。ファッション界おいてどちらが一般的かというと
ウォーカーのほうになろうかと思いますが、それでも突出した想像力あります。
両人とも端的にいえば一般常識からかけ離れた表現であることは間違いないですが
それがなぜファッション界に存在するのか不思議です。
私なりに改めて考えてみますと、これはたぶん衣服が境界線になるからなのかと・・・。
自分と外界を仕切るものは服です。服の内側と外側。トスカーニは内側を狙った結果で
ウォーカーは外側を狙った結果なのかと考えちゃうわけです。人は身成で判断しては
いけないと云われるのも然り、人が身成に出る、身成が人に出るというのも然り。
そんなところがポイントになるかなと思います。もっともトスカーニは社会的な面から
アプローチしているのは本人の本にも書いています。どこまで計算しているかは分かりません。
本人ではなくベネトン側が考えているのかもしれません。
ウォーカーの思想はあくまで私の想像ですが、女性にとって服は体の一部ということを
理解して表現していると思います。あと"VOGUE MAGAZINE by Tim Walker."のモデルの
身のこなしや他のスタジオ映像でのモデルを見ているとただのモデルではないですね。
クラシックバレエをやっていないとできない動きをしています。やっぱり一流のモデルを
使っているんだなと思います。








2009/05/12

黄色い薔薇

st09baray1.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

本日のYouTube
刷り込みCM大御所
金鳥
コイケヤ

街頭で連呼されてもやかましいだけだが、TVCMでコレをすると効果絶大。
選択の幅がある低価格の日用品か菓子食品で製品差別化が乏しいものしか適用されない。
ようするに、物が選べてどうでもよい物は製品名が購買者の頭に刷り込まれていれば
知っているもののほうが安心感があり選択されるということ。
でも、これを高額商品の乗用車でやった例がある。

コレ・・・ね









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。