2008/07/07

ハイブリット・ティー

stjbaras04.jpg


Nikon S600
ISO100

この薔薇は1.5mから1.8mくらいの高さに花をつけます。花の直径は15cmくらいですね。
この薔薇はハイブリット・ティー系という系列の薔薇で一番種類が多いものらしいです。
去年の秋にも撮ってますが、この花は半年くらい次々と咲くようですね。
去年と同じように撮って見ました。この花はこういう撮りかたが気に入ってます。

去年の写真
http://selftimer.blog75.fc2.com/blog-entry-399.html

ネガで撮ったものですから雰囲気が全然違います。今回はポジでも撮ってますので
現像が出来たらアップします。・・・きちんと撮れてるといいのですけど(笑)






2008/07/03

Pitot tube

stptub.jpg


Nikon S600

300km/hのスピードならピトー管のほうが正確に計れるってわけか(笑)


2008/06/24

fire engine

stfftracknv.jpg


ff08c.jpg


Nikon S600

アップした写真とは関係ない話ですが・・・ちょいと気になってることを少し(笑)
銀塩フィルムをデジタルデータにするのにフィルムスキャナーを使ってますが
最近はフラッドヘッドスキャナがほとんどです。ほんとに使えるか調べてみました。
ネガフィルムの光学濃度は1.5~1.8D、ポジフィルムは3.5D。ちなみにプリントした
写真の光学濃度は2.4D。フィルムの解像度は50本/mmなのでDPIにすると5080dpi。
つまり解像度が5080dpi以上で光学濃度が3.5D以上のスキャナがあれば良いわけですが
それで調べるとエプソンのGT-X970がスペックをクリアしてますね。
6400dpiで光学濃度は4.0D。これ以上の性能は必要ないです。
ただし、CCDの分光感度特性も考えないといけませんけど。フィルムとCCDもしくは
CMOSの分光感度特性はどっちがいいのだろうかと最近気になってます。フィルムは
使用前の分光感度特性と現像後の結果で出て来る特性曲線は変わりますし、デジカメは
センサ本体の特性にフィルタの波長特性を加味してさらに光学濃度も加味しなければ
なりません。そしてカメラ内のDSPがどのように波長感度を補正しているのかです。
・・・メーカーによってかなり違うようで、分光特性からみると、これはもう好みの
域だろうって感じがしてきました。デジカメとフィルムの波長欠損域が妙に気になる
このごろです。デジカメの解像度も1600万画素を超えればフィルムとほぼ同等ですね。
あとはレンズ自体の波長透過特性か・・・(笑)

2008/06/13

EBERHARD

ststep_20080613230201.jpg


Nikon S600

EBERHARD社製の?
これが何であるか調べました。なんか有名な時計の会社・・じゃなくてアメリカの
ドアノブとかフックの会社でした。 これは倒すとステップになるんですね。
カタログを調べると加重1000lbsまでとありますから453kgまで耐えられると。
裏側は滑り止めが付いてます。穴が空いているのは軽くするためではなく、手で
掴むためのようです。アメリカ映画なんかで消防士が消防車の横に載って火災現場に
向かうシーンがありますが、これを使ってるんですね。ふーん・・。
2008/06/10

ドーファン

stfhti81.jpg


stfhti82.jpg


Nikon S600

アエロスパシャル社 SA365N1型 ドーファン2

東京消防庁の消防ヘリ1号機「ちどり」です。よく頭の上を飛んでますが、
中型ヘリコプターだけあって、近くで見ると想像していた以上に大きいです。
翼の「1」の番号がとてもいいですね。
やっぱりサンダーバード・・(笑)

2008/06/06

新顔カメラ

ff08b.jpg


Nikon S600

急遽、記録専用のコンデジが道具に加わりました。
出先で記録用にちょっと撮るにはライカやK10Dでは大げさなので(笑)
前から検討はしていたものの、どのカメラも食指が動かない状況でしたが
ついに必要に迫られて買いました。性能的にはどれでも大差ないので
Nikon S600にしておきました。
2年ぶりにコンデジの画像を見ましたが、目眩を起こしそうな収差に
光学性能のギャップを感じます。その点ではやはりGR-Dは健闘していると
思います。 ま、コンデジのズームレンズなんてこんなものですから
メーカーが悪いわけではないですけど。
このS600は起動などの動作の早さと小型軽量が売りです。
コンデジにしてはなかなか早いと思いますが、記録時間はまだ満足いかないですね。
撮った写真をモニターで確認すると、もの凄くノイズが多くて選択を間違えたかと
思いましたが、パソコンに取り込んでみると、まったくノイズが気になりません。
ノイズが一番嫌いなのですが、意外にも気になるノイズはなかったです。
まー、けっこう進歩してますね。トーンと抜けはさすがに一眼デジタルにはとうてい
およびませんが、少し手を加えるとそこそこ見られる絵になっていますね。
このカメラはマニュアル露出が無いですが、失敗しないみたいなので安心感はあります。
手振れに関しては効果が出るケースが限られているようで、さすがにブレやすいです。
こればかりはコンデジの宿命なのでうまく撮るしかないですね。
一番ダメなのは専用のファイル転送ソフトを使わないとパソコンに吸い出せないことです。
かと言って、セキュリティ上は長所ではあります。その辺はトレードオフってことですかね。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。