--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/11/29

光と時刻

stclora.jpg


暗がりの中に目立たず静かに佇む振り子時計。

Zeiss Ikon / Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
FUJICOLOR PRO400
Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED


プリントではランプの部分が露出オーバーでしたが、スキャン(デフォルト)してみれば
ちゃんと撮れていました。ただし、画像調整幅は非常に小さいですがw
ガンガンコントラストと明度をあげてプリントされているのが良く分かりました。
あまりDPEを信用するものではないですね。
この写真はランプの硝子が綺麗に見えて、かつ暗い部分が潰れないというきわどい
露出を狙ったものです。一応、意図通りになりました。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

おみごとです^^

DPE、まったく信用してません^^;
なので、現像のみで、ほぼスキャンしています。
コンテストに出すときは、その中のイチマイをプリントしてもらい、スキャンしたイメージから、焼き方をお願いします。
ただ、最近のDPEって、ほとんどデジタル処理みたいだから。なかなか思ったようにはいかないんですよねー。

大きな町に住みたいって、こんなときは、思いますね。ちゃんとしたカメラ屋さんとお友達になりたいこの頃です。

なるほどー。スキャンイメージはプリントして持って行くんでしょうね。
そうするとプリンターを買わなくてはw 実はインクジェットプリンターの
管理保守が一般家庭では難しいので、あえて持たないことにしています。
今ではちゃんとしたDPE屋は都会でも難しいですよ。モノクロなんか出した日にゃ、1週間待ちです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。