--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/04/23

米国エネルギー省 被曝マップ

_IGP1936.jpg

某新聞に米国のエネルギー省の被曝マップの記事がありました。ちょっと確認しようとHPを探しましたが
探すのに苦労しました。原因はけっこう適当な記事だったからですが・・。おいおい、ちゃんと正確に書けよと・・。

昨日(22日)も発表になったのでリンクしておきます。

パワーポイントのファイルが開ける人はこちら
http://energy.gov/news/10194.htm

パワーポイントのソフトを持っていないかバージョンが古い人はこちら
http://www.slideshare.net/energy/radiation-monitoring-data-from-fukushima-area-04222011


マップを見る時に注意することは、色が付いているところは、全て危険ということではありません。
これらは航空機でデータ取得しているものも含まれるため、例えば離陸した横田基地から福島まで一直線だったり
全く離れたところでも色がついています。離陸時から計測しているのでフライトパスがそのまま残っています。
驚くのは積算400フライト、16万回計測という数値です。すでにこれだけ計っているからマップが書けるわけ
ですね。それにくらべて日本は・・・文部省が今月中にMapを出すそうで、このデータも使うそうです。
もう・・ほとんど出来てるのにねw
単位mRはミリレムです。1mRは0.01mSv、100mRが1mSvになります。

それと日本には無い組織としてOFFICE OF HEALTH, SAFETY and SECURITYがあります。
http://www.hss.doe.gov/nsrf/
ところで厚生労働省は何をやってるんでしょうかねw

先日、母乳から放射線物質というニュースがありますが、ああ、やっぱりな・・と思いました。
牛乳は子供に栄養分を効率よく与えるため、タンパク質、ミネラルの吸収性がよい構造をしています。
しかしタンパク質のおかけで放射線物質は吸収されないとか、逆にミネラルでNa、Kの代わりにセシウムが吸収
されやすいとか・・色々な話があります。確かに周期律表をみるとそのとおりだし・・なんかよく分からないです。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。