--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/04/27

今度は人型宇宙ロボットプロジェクト

aposeng.jpg

東大阪宇宙開発協同組合 SOHLAが今度は月に人型宇宙ロボットを送るプロジェクトを発表しましたよ。
これは、びっくり。ものすごい挑戦ですよ。なんかワクワクしちゃいますね。
2015年の月探査に便乗させてくれという段階なのかも知れませんが、月面に国旗を描き万歳をして帰ってくるという
プロジェクト。お茶目ですね。もちろんサポーターになりますよ。成功率うんぬんは関係無し。

写真は人工衛星用のイオンエンジンです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ご無沙汰してます。
壮大なおちゃめですね(笑)国旗で万歳・・・ナショナリズムにうるさい人がごちゃごちゃ言いそうな気もします。言わせておけばいいけど。
ネコ好きとしては月面に「ちい」の絵を描いてくれたりすると嬉しい(笑)

こちらこそ、ご無沙汰しております。
薔薇の季節も近いのでぼちぼち写真復帰しようかと思ってますが、
まだ、これから引っ越しとかもあってバタバタして落ち着きません。
機材が展開できないのが最大の原因ですw
しかし、このプロジェクトは「帰ってくる」っていうところに凄い熱意を感じます。
そうそう「ちい」を書くのではなくて、猫型ロボット送ればいいです。
そうだ、日本を代表する究極のロボットがあるじゃないか。

ど・ら・え・も・ん  を送れ。
お腹のポケットに月の砂を入れて帰ってこさせればいい。
ずんぐりしているから燃料も積めるし、パラシュートだって積める。
竹コプターで軟着陸だ。
そうだ、そうだ、それがいい。


ぼちぼち、らちあにさんのところにも訪問させていただきます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。