--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/11/10

いいぞぉーGXR

rosep07k102.jpg

K10D

リコーの新製品が発表になりましたねぇ。
メーカーのホームページに充分な情報が公開されている点でさらに好感度アップです。

<気に入った点>
大きさと重さはGRをほんの少し大きくしただけ
操作系は従来と変わらない
50mmレンズはピントリングがあり、手でも操作できる点。 単焦点。
レンズのヌケを考慮したローパスフィルター設計
50mmとAPS-Cの組み合わせで良好なボケ味が得られる設計
シャッターボタンが円形になった点
RAWが使える点
価格 (単品でみれば高いが性能や品質から見て妥当な価格設定と思う)

<残念な点>
28mmの固定焦点APS-Cが無い点
これをリリースして欲しければお布施しなさいって感じ?
手ぶれ補正が無い

んー、価格的には50mmユニットのフルセットならライカX1といい勝負ですね。
GXRほうが圧倒的に、お買い得感があります。大きさは横長か縦長の違いで互角。
堅牢性は互角ですが故障率なら構造が単純なX1が有利。レスポンスやフィット感は
実際に持ってみないと分かりません。画質はX1のほうが上のような感じがしますが
GRレンズですからGXRも侮れない。心配なのは相変わらずノイズの多いGRエンジン。
昔、GR使っていて、これで50mmだったら完璧と思ったことがあったのでAPS-Cで
ノイズが抑えられていれば、ホントに傑作カメラかもしれませんね。
ユーザーと一緒に成長するカメラって感じで玄人向けのカメラになってきましたね。
このような状況になってくると、カメラをどのような使い方にするか良く考えないと
いけませんねぇ・・。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

このところ行き詰まり感があったカメラ業界ですから(笑)、リコーさんの飛び道具が起爆剤になればいいですね。
ただ、今までの概念では捉えられないシステムですから、昔からのカメラを期待してる人には奇抜すぎでしょうかね(^^;;)

私もGRで40~50mmがあったらいいのに・・・って思ってたクチなので、GXR期待してます。

邪道かと思うけど、サードパーティでいいから「フルサイズMマウントユニット」が出て欲しいです(笑)

らちあにさん

リコーの画質へのこだわりが形になったようなカメラですね。やっちゃったみたいな(笑)
チャレンジ力と実行力という点では高く評価して良いのではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。