--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/01

iBookのPhotoBooth

thamo.jpg

iBookのPhotoBoothを使って内蔵カメラで撮った写真。
SnowLeopardにアップグレードして、おもしろそうなので撮ってみました。
エフェクトのサーモグラフィで、このまんま撮れます。
部屋を真っ暗にして100円ライターの火をつけた瞬間の写真です。
大変よくできた偽サーモグラフィ写真だと思いますよ。

サーモグラフィといえば新型インフルエンザ。最近は連続して罹患者が死亡してますね。
また、ちょっと役立つ事を紹介しましょう。パニクるかもしれないけど(笑)
今回のインフルエンザは新型であろうとなかろうと、絶対ナメて対処してはいけないようです。
インフルエンザの簡易検査では正しく結果が出ない例がいくつもあり、死亡者の中も
検査結果が陰性と出ていた人もいます。治療は陰性、陽性に関わらず同じことしか
できませんが、とにかく症状がでたらすぐに医者に診てもらうべきです。
検査結果ではなく症状で判断すべきでしょう。

若い人があっけなく死んでいるのは、なにも既往症が原因ではありません。
普通のインフルエンザは喉だけとか鼻だけとか一部の呼吸器官がやられますが、
新型は呼吸器系全体が同時にやられます。これは怖いです。

この時点でN95マスクをして街を歩くとパニックになるので止めてます(笑)
それで私はイソジンスブレーを使ってます。とにかく喉に菌をつけたままにしないで
こまめに殺菌と潤いを与えておくべきでしょう。甲状腺の病気(疲れやすい、動悸)の
既往症や疑いのある女性はイソジンのようなヨウ素を含んだものは使用しないように
注意しましょう。

小児インフルエンザ脳症(大人もインフルエンザ脳症がある)も多発していますので、
使用する解熱・鎮痛剤も種類に注意したほうが良いです。薬で発症というか悪化します。
薬には何種類もあるため保護者は医者に処方してもらうべきです。

国立感染症研究所のインフルエンザ発熱に対する薬の情報
http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/fluQA/QAdoc01.html#q06

http://www.mhlw.go.jp/houdou/0105/h0530-4.html

秋の夜長って楽しい時期なんですが・・・、
このインフルエンザ、寝不足はかなりマズいようなので自制しましょう。

このブログのインフルエンザ関連エントリー



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

風邪の季節にイソジンスプレーを愛用(笑)してます。
ふと思ったのですが、喉の殺菌って塩水うがいとかでもいいのでしょうか?
インフルエンザウィルスには効かないですか?

らちあにさん
塩水でうがいですか・・どうでしょうねぇ。うがい自体の効果を疑問視する医者も
いますし、鼻うがいまですると「洗い流す」効果はあるようにも思えます。
私は喉のうがいの効果は無いと思っているほうです。
うがいの効果あるなら、とっくに酸性のある唾液で菌を落としてるはずです。
塩水の効果はなんでしょう?濃くするか薄くするかでも考え方が変わります。
酸で菌抑制という考え方なら、塩水より酢のほうが効果あると思います。
細菌ではなくてウィルスなので基本的に洗い流すのは困難というか意味ない
かなと思います。難しい質問ですねー(笑)

すいません、変な質問して<(__)>
「塩で殺菌」なんてことを言う人がいるもんで、本当かいな?と。浸透圧の原理で細菌の細胞内から水分を取る原理・・・と説明する人もいます。
塩漬けは腐りにくかったりすることを考えると、菌の増殖を抑制する効果はあると思うのですが、殺菌までのチカラがあるもんだか疑問でした。

カミさんは甲状腺の既往症は無いのでいつもワタシと同じイソジンを使っているのですが、既往症がある人が安全に喉の菌を減らすには何がいいのかと考えたときに、ふと「本当に塩が殺菌効果あるなら、それでうがいするのはどうなんだ?」って思ったもので・・・。

うがいそのものの効果を疑問視するむきもあるんですね。いつも参考になります。

らちあにさん
難しい質問ですけど、でも言われてみないと気づかない面白い話ですよね(笑)
菌を抑制してもアルコールや次亜塩素酸ナトリウムみたいに即効性や殺菌性が
ないので、過信するのはよくないです。細菌やウィルスが中学校で習った細胞
構造や大きさをしているなら、浸透圧の原理も通用しますが、それよりも遥かに
小さい構造なので分子レベルで合わないでしょう。それに種のように堅い殻を
持っているものが多く、浸透圧は期待できないです。そういう環境に強い細菌だから
感染するんですねー。ちなみに殺菌とは菌を死滅させる行為そのもののことです。
実は完全に菌を死滅させることは容易ではないので、まずは除菌や抗菌、除染という方法を
とると考えたほうがよいです。
そういうわけで、今日はクレベリン ゲルというものを買ってきました。
効果は分からんですけど(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。