--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/31

iTouchにライフル弾道計算尺ソフトを入れてみた

stbas09.jpg

なんだ、またITouchネタかよ~。って思った人、ごめんなさい。
ついつい、食いつきのいいタイトル狙ってしまう性分なもので・・。
今日は、ちゃんとした写真ネタもありますから(汗)

前にiTouchの話題で弾道計算機があると書きましたが、これです。
その時は鹿とか撃つためものかな?と思ってましたけどtechnobahnの記事にありました。
全く実用性がないうえに1400円もするのに好奇心だけで買ってしまいました。
大砲の弾は目標までの距離、気温、気圧、風向風速などの情報をもとに火薬の量や射角など
割り出し、偏流調整します。そのことは知ってましたけど、このソフトを知ってライフルにも
あるんだなと。じゃあ、どういう物なの?どういうふうにするの?というわけですね。
写真のようにライフルに取り付けます。銃は下に向けてたり、上に向けたりして撃つわけ
ですが、その時のライフルスコープのダイアルの設定値を計算するソフトなんですね。
目標までの距離、気温、気圧、風速、高度、湿度を入力します。弾の放射曲線は弾の質量
に左右されますから、事前に弾の種類を選択しておきます。ここではKAC M100。
この状態で真ん中のGETを押したままにすると銃身の角度が自動入力されて、ライフル
スコープの調整つまみの数値が黄色で表示されます。ライフルの写真でiTouchに近い
ダイヤルがLOSなので+57に、その上の水平なダイヤルがWindageなので12に合わせる。
そのままスコープのレチクルを見て標的を撃てば命中するということです。
ちなみに斜めのダイアルはスコープの倍率、距離レンジですね。(たぶん)
面白いのは画面の一番下、真ん中の文字ですがエネルギーが約600Jという表示。
この設定では1000m先の目標で弾のエネルギーは60kgのものを1m動かすことを
示しています。小さな弾の一点にこのエネルギーが集中するけど、これがどのくらい
インパクトのある破壊力かは私にはわかりません。ちなみに普通の拳銃の初速度エネルギー
は700kgの物を1m/秒動かすということですから、愛車のミニが1秒間、1m持ち上がる計算です。
60kg・・うーん、これだと、かすり傷程度にしかならないのでしょうかね・・。
でもプロ野球選手の最速ピッチャーで150Jだから15kgm。当たったら相当痛いでしょうね。
まあ、素人にはわからんしガンマニアじゃないのでどうでもいいですけど、改めて物理の世界は
難しいぞっと・・いうのが自覚できただけ利口になりました。(笑)
これ、別に新しいソフトではなく、大砲用にはコンピュータがあるし、
ライフル用にはMil Dot Master Calculatorという計算尺があることもわかりました。
そうそう、この弾道計算をするためにコンピューターが発明されたということはご存知ですね。

BulletflightソフトのメーカーWEB

stsugawara.jpg

今日は仕事の本を探しに本屋に行きました。5kg/8000円の本を抱えつつ見つけたのが
この本です。糸井重里の本・・違うじゃねーか! が! なかなかいいこと書いてるので
一緒に買ってしまいました。当然、まだ少ししか読んでませんが、これは良い本だなと
思います。アマゾンでの評価も高いようです。ほぼ日刊イトイ新聞の連載をまとめた
本のようですね。うめかよの記事で知ってましたけど・・。

写真がもっと好きになる。 菅原一剛の写真ワークショップ。
買って読んで損はないと思いますよ。この本。
糸井重里って誰? 宣伝の世界では有名なコピーライターです。大御所ですね。
パルコのCMや広告のコピーで一世風靡した人です。「おいしい生活」
ほぼ日刊イトイ新聞のトップページに吉本隆明氏の記事がありますけど
吉本隆明(思想家)も凄い人ですよ。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

師匠ご無沙汰です<(_ _)>
面白そうな本ですね、糸井重里は好きなので
読んでみようと思います(^^)

こーちゃん
ご無沙汰しておりますです<(_ _;;)>
外は寒いので写真を撮り出かけるのはまだ先のことになりますが、
それではイカンと書いているのが、この本です。
菅原氏は広告写真をやっている方でディレクターの視点も垣間みることが
できますので読んでやってくださいまし。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。