--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/29

BARAリバーサル4 繊細な光

stbara30z2.jpg


stbara31z.jpg



Leica M6
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
RVP50

どちらもC Sonnarですが、明るい写真にしても暗い写真にしても微妙な光を
捉えていることがわかります。
ライカのレンズでも同様ですが、レンズの素直さだとやはりツァイスですね。
こうして薔薇の写真ばかりアップしていますが、雰囲気はどれも変えています。
正確には言うと、どれも違う雰囲気を持っているけど、その雰囲気を被写体に
あわせて加減を調整しています。同じ薔薇の写真なのに、すべて個性を伸ばす
ためのポイントが違うのは大変面白いです。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

写真をみて、今週末は楽しみ&緊張感をもって撮影に
行こうと思ってましたが、どうやら土曜日は雨のようですね。
私はこのレンズを活かせるのだろうか…と、少々不安だったりします。手前も奥も綺麗にボケていきますね。

Northpenguinさん

C Sonnar50をゲットされたんですよね。最初のうちは絞りリングが堅いですが、
半年くらい使いまくれば、かなり良い調子に滑らかになってきます。
クリック感はライカのレンズよりもいいし、全体的に操作しやすいです。
この薔薇の撮影で久しぶりに使いましたが、やっぱりライカよりいいです。
MP用にブラックペイントが欲しくなってしまいます。
Ikonでモノクロフィルムを使って撮る分には、かなり楽しめると思います。
この写真はF1.5と2/3だったと思います。絞ってもF4までで使うとボケ味は
きれいですけど、F8過ぎればカリカリになるでしょう。・・条件にもよりますが。
週末カメラマンにとって土曜日の雨はつらいですね。ホントに。今年はネタ切れ
慢性化してます(苦笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。