--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/09

エアロスバルFA200

stblueses.jpg


Leica MP
SUMMICROM 35mm F2 ASPH.
PRO400

富士重工業のFA-200。日本製ですね。
原型は米国ビーチエアクラフトのT-34。
曲芸飛行もできる優れものです。276機製造されました。



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

水平対向エンジン?(笑)
すいません、スバル乗りなもので(^^;;;)

らちあにさん

水平対向4気筒です。小型機の単発レシプロエンジンは水平対向にすることで
振動を抑えてます。上下方向の高さがないためパイロットの前方視界を確保出来ます。
でも、この飛行機をはじめ小型プロペラ機のエンジンはほとんどライカミング製です。
しかーし、富士重工の前身は中島飛行機。零戦のエンジン「栄」を作っていました。

やはり水平対向なんですね。
でも富士重工では作っていないと・・。もったいない(笑)

中島飛行機から富士重工、プリンス自動車ってあたりの自動車産業の歴史はちょっと面白いですね。

そのあたりへの憧れみたいなものがあって、ずっとインプレッサに乗ってました(笑)

エンジンは空冷ですか、水冷ですか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。