--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/05/04

今月の写真集

stodkanran.jpg


Leica MP
SUMMICROM 35mm F2 ASPH.
RVP50

先月の写真集がマリオ・ジャコメッリときたならば当然、今月の写真集は植田正治でしょう。
二人の共通点はともに地域に根ざしたアマチュア写真家であることです。
ジャコメッリは印刷業、植田正治は写真館を営んでおりました。
1ヶ月前に注文したジャコメッリの写真集も届き、比較してみることができました。
優劣をつけられるものではありませんが、写真を撮る根拠に明確な違いがあります。
ジャコメッリは印刷業というパプリックな仕事柄か、より客観的な視点からシャッターを
切る根拠としているようです。対して植田正治は私写真ではないが、自分を取り巻く
日常世界を表現する視点でシャッターを切る根拠にしているようです。
私は学芸員でもないので、この解釈が正しいかは分りません。
写真の照準でうだうだ書いてますが、「シャッターを切る根拠」を
考えた場合は、商業写真なら別ですが気まぐれなスナップでは、はっきり出て来ません。
実はけっこう考えたことがあるのですが、これを考えるとシャッターを切れなくなります。
・・なので考えることを止めました(爆) それが「テーマ」というやつなのかも知れません
が。
お題目を決めて撮るという練習は必要だろうと思いますが、まずは撮っていって自己の
「内なる静寂」(笑)を見定めていくというのが順序であろうと思いました。


ueda.jpg


吹き抜ける風

単行本: 163ページ
出版社: 求龍堂 (2005/12)
ISBN-10: 4763006061
ISBN-13: 978-4763006066
発売日: 2005/12
商品の寸法: 25.6 x 19.2 x 2.2 cm




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。