--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/28

写真の照準

stnygk08.jpg


Leica M6
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
PRO400

ファインダーを覗くとき「どのように表現するか」ではなく「何を伝えるか」を考える。
カメラを構える理由が「何を」に有り、「伝えるか」で照準が定まる。
そして混沌とする感性を「照準」が具現化してくれるのである。
これが、自分の写真の撮り方の柱なんですよ。たまには写真の思考を晒してもいいのかなと(笑)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ワタシの場合「何を伝えるのか」まではなかなか考えが至りません。
「何を感じたのか」止まり(^^;;)

らちあにさん

「何を感じたのか」が分るのは普通に凄いと思いますけど(笑)
混沌とした感性とはまさしく「何を感じたのか」と思いますが、それがなかなかはっきり
しないのですね、私の場合は(笑) 写真表現という言葉がありますが、それは結果で
あって「伝えることを考える」のが過程なんですね。
それが、今の私のレベルで持っている「筋」なんですけど、
これがどのように変わっていくのか、見て行くのも楽しみです。
そういう変化を起こしていくには、撮りつづけていかないと分らないものだと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。