--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/04/10

Velvia50宣言

strv50test1.jpg


Leica MP
SUMMICROM 35mm F2 ASPH.
RVP50

今年のフィルムはVelvia50で決まりですね。
SUMMICROM 35mmと相性が良いです。
これを機にポジ派に転向しそうです。・・いや、転向だな(笑)
コントラストはけっこう強いですが、破綻しているわけでないし、
発色も程よい感じです。
スキャニング後、ホントに微妙な調整で追い込めるところも楽しいです。
調整パラメーターを1目盛り動かすだけで、がらりと雰囲気が変わるので
面白いです。ネガでは色を追い込んで行くのは大変ですが、ポジだと
余裕で追い込めていけます。その分、高い目標を持って調整していけそうです。
慣れるまで露出の失敗率は高くなりますが、マンネリ打破にはちょうど良いです(笑)
フィルムの価格は高いですが、現像込みで年間予算8万円もあれば十分です。
・・・あ、やっぱり高いか(笑)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

Velvia50、先日買って冷蔵庫に保管中です。
チューリップ用にと用意しているんですが、
いい感じのようですね^^
むかーし、使ったことありますが、当時は特性を
全然理解していなくて強烈な緑の出方に驚いた
のが記憶に残ってます。
(ネガとポジを間違えて買ったのは内緒♪)

色を追い込むのが面倒くさくて、ついついポジを使ってしまいます(汗)
同じ理由でデジカメが苦手だったりします(笑)

最近のピクチャースタイルみたいなプリセットは、本当に便利です(^^;;)

Norhpenguinさん

チューリップ用ですか、チューリップはクローズアップより離れて撮る方が
面白いかも知れませんね。Velvia50は青の伸びがいいというかすっきりした
色のように思います。大体、青成分が落ち易いので、こういうフィルムがあると
嬉しくなってしまいます。

らちあにさん

たしかに色を追い込むのが面倒くさくなりますね。デジカメだったらちょっと修正ですが
ネガの場合は下手するとかなりの修正が必要になってしまいます。
フィルムとデジタルのいいとこ取りはポジですね。デジカメは、あの膜のかかったような
ノイズが嫌いです。それからみるとポジはなんとクリアなことかと。
ネガはデジカメよりノイズが少ないけど、スキャンするとどうしてもノイズが乗りますね。
そうそう、ネガで同時プリントした場合は1回2500円以上かかりますが、ポジなら
スレーブ仕様で1800円ですみます。(フィルム代込み)
実はポジのほうが結果的に安くて高画質ですね。カメラ機材だってライカにしてから
露出の失敗率はフィルム36枚撮り1本につき1コマあるかないかです。
確実な撮影を考え作られていだけあって費用効率はよくなっています。
とにかく安く高画質に確実に写真を作ろうという志向で写真をやっている面も
ありますのでついつい計算してしまいます。
これでカメラやレンズをバンバン買ってしまうと意味がなくなります。
計算するのもカメラ小僧の節度を保つため(笑) 
カメラやってる人なのか、写真やっている人なのか常に自覚する必要があります。
デジカメはノイズはもちろん、カメラに主導権を奪われているようで
ますます嫌いになっている、このごろです(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。