--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/20

舞台での耐久力

stspot.jpg


Norhpenguinさんのところで舞台袖の写真がアップされていたので
対抗してスポットライトの写真を(笑)
ちはやさんも五月に日本舞踊の初舞台なので、某著名劇団系列の社会人劇団で役者
した時の話をちょっと書きましょうかね。役者の心を知らないと映像も撮れないし、
ディレクションもできないってことで、仕事がらみの動機でしたけど(笑)

「舞台の上の時間は短く感じるもの」とありますが、確かに短いですね。
短く感じない時、それはパニック状態の時でしょう。
一般の人、1000人の前で演じた時の話ですが、舞台に出たとたん観客が放つ引力に
引っ張られましたね。ここで驚いて素に戻る(注1)と呑込まれてしまいます。
呑込まれないようにするには、自分に対する自信と信頼のみです。
これが冷静さを保つために重要です。冷静さがないと他の役者と台詞を噛んだり(注2)
台詞が飛んだりします。緊張なんかした日にゃ滑舌が悪くなり、客席の最後列まで
声が飛んでいるか心配したりすると集中力が欠けてしまいます。(マイクは使わない)
そういう時に魔が差すわけですね。
この時、舞台のど真ん中で3分ほど独り言をいう長台詞がありましたが、さすがに
長く感じました。12ポイントの文字でA4縦書き1枚びっしりの台詞です。
もちろん感情を入れないといけませんし、所作(注3)もあります。
実際、中間あたりで台詞が飛びそうになりました(笑) 独り言ですから他の役者が
リカバリーできません。しかもこの時は舞台に立っているのはわたしだけ。
その時、演技をしながら何を考えたか・・・「役の気持ちそのままにしていれば
自然に台詞が出てくる」でした。もちろん問題なく役をこなしましたよ(笑)
つまり、役を作っていたからです。教師の役でしたがその教師の心情と演ずる意味を
稽古の中で叩き込まれ、自分で考えていたからです。演劇では台詞が芝居を作っていく
ものです。しかし単に台詞を覚えていれば役をこなせるわけではないのです。
ちはやさんも厳しい稽古が続くと思いますが、どんな小さなことでも無駄なものは
一つもありませんのでしっかり吸収してください。日本舞踊ははっきりいって難しい
です。台詞がない分、動きが全てです。動きで感情を表現しなければなりません。
しかも着物ですから、動くのは大変。稽古では動きを覚えるのは当然ですが、役の
意味も心情の移り変わりも叩き込んでおかなければ、いざという時に対処出来なくなります。
それと、芝居にもありますが、芝居以上に大事な間(注4)のとり方、これは先生が
良しというまで稽古するしかないでしょう。体のバランスのとり方も大変ですね。
舞台での耐久力をつけるため、とにかくがんばってくださいね★
 
(注1) 素(す)に戻る  演じている役から普通の自分に戻ってしまうこと
(注2) 台詞をかむ   他の役者が話す台詞と声が被ってしまうこと。
(注3) 所作(しょさく) 仕草、性癖などの動き。
(注4) 間(ま) 動作や台詞、感情の吐露などのタイミング

写真は舞台用ホールで10mの高さに吊っているスポットライト。
下側が舞台です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

あら?舞台の写真が(笑)
このライト、袖からでた瞬間は目がなれないのでかなり眩しく、暑いんですよね^^;
学生の時は、リコーダーの演奏会から合唱コンクール、吹奏楽団の演奏会などで舞台に上がる機会が多かったせいか、今、仕事で大勢の前で話をするときもさほど緊張しないです。けど、演奏等はやることが決まっているのでその練習に励むとある程度、当日の緊張は和らぎますが、「2時間自由な演題でお願いします」というのは、最初のころは辛かったです^^;今では少しの笑いも取りつつも「よかったですよ」と言われるのが嬉しいですね。

Norhpenguinさん

ホント、ライトはかなり眩しく、暑いですね(笑)
音楽に強いんですか、それで写真もやるとは多芸ですね。音楽は聞くのは仕事がらみで
それなりに耳が効きますが、演奏する方はセンスがありません(泣)
しかし大人数の前で「2時間自由な演題でお願いします」というのは只者ではありませんな(笑)
講演できるほどだから、なにかの専門家でしょうが、演技力をつけるのも奥行きが
出て聴講者を楽しませてくれるってもんです。平田オリザの本などいかがですか?

こんばんは~。
素敵な記事を寄せていただき、ありがとうございました。
ちょうど同じ流派の発表会を見に行く前にこちらの記事を拝見しまして、
大きな収穫を得ることができました。
幸いあと2ヶ月あるので、唄に込められた情景を演じきれるように
理解を深めていきたいと思います^^ 感謝です!

ちはやさん

少しはヒントになったようで嬉しいです。
バレエほど大きな動きはないにしても、日本舞踊は着物の下に隠れた苦労(足腰のことね)
とか扇子さばきとしか、違った次元で難しいですから良くやるなと思ってます。
舞台は観るのとやるのでは全く違うのは、ご承知のとおりです。
幸い2ヶ月って・・・2ヶ月しかないでしょう(汗)  プロならともかく・・。
ちょっと心配ですが、芸が伸びるのもこれからの2ヶ月間が勝負だし、
実際そのくらいあれば意外と伸びるのも事実。やるだけやってみてるしかないですね。
踊りのレベルは稽古を積んだ年月で左右されますが、観客が舞台を安心して観れるのは
踊る本人に自信があるかどうかです。自信なく踊ると観客に不安が伝わります。
この2ヶ月でとにかく自信をつけていってください。
・・・言いたいことわかるよね(爆)


トラックバック

舞台。

GR DIGITAL(RAW現像) 花柳流 柳賀会の舞台を観に国立文楽劇場へ。 先生が出演された最初の演目から、会主の先生が出演された 最後の演目まで...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。