--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/01/13

悩ましきトルソー

sttrso07.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
SUPERIA 400

8月に撮ったトルソーの写真。やっとエントリー出来ました。
この写真は失敗ではないのですが、翌週、横浜に撮り直しに
行ったくらいのこだわりのある写真です。
画像調整をしていたら4ヶ月経ってました。
服の質感、バックの緑の色合いとグラディーション、トルソーの明暗。
これくらい手間のかかった写真はないですね。軽く100回くらい調整に
トライしています。背景のクインズスクウェアの文字を強調するため
青系の輝度を強くしたら、なんと全体が落ち着いたというオチ。
別にどうってことのない題材ですが・・・(笑)

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

元画像を想像すると、かなり難しそうですね。
緑の部分と服の露出の調整に気を使いながら、さらに
背景まで調整となると…
気になる被写体は、私も後日撮りなおしに行ったりします。

Norhpenguinさん

銀塩はだだでさえ緑に弱いうえ、ライトの波長帯の影響もあって見た目はほぼ同じでも
雰囲気が今ひとつしっくり来ないということでした。ライトは青系が落ちるので
調整をしていましたが上手く行かず・・・。とにかく物撮りのこだわりを持って
やってみました。

self-timerさん
この緑と服の色、質感、確かに難しいでしょうね。
このショーウィンドを見ていいな~と撮影しても、普通ならガッカリとなって
終わってしまいますが、それを時間をかけてここまで仕上げるとは、流石ですね。
テクニックと情熱を感じます。

Nobutakaさん

こんばんわ。
ショーウィンドもちゃんとした人が作るものはライティングも優れていますよね。
そうそうライティングを出来ない一般の人はショーウィンドをポートレートライティングに
見立てて撮ってみるのもいいかもしれません。
仕事ではこの写真より遥かに難しい物撮りもたまにしています。
それなりに撮れますが、やはり一線を超えると機材の問題もあってプロに頼むことに
なります。広告用の写真はプロのそれも相当の腕を持っている人じゃないと撮れません。
どのように撮影して欲しいかプロに説明する時にもやはり知識がないと会話ができません。

写真は元々、好きでやってますが時々、突っ込んで仕事レベルでやってることもあります。

写真は広告写真の質を意識しています・・というよりそんな写真しか見ていないので
写真もタイトルも広告寄りになってしまいます(笑)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。