--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/12/01

キャラクターの城

stboxhero.jpg


Leica M6
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
PRO400

いわゆるフィギュアだが、ほとんど外国製で映画のキャラクター。
日本に置き換えると、おもちゃ屋にあるウルトラマンとか怪獣が、
それに相当するよね。比べてみると外国製のほうが精巧で多様的。

自分は怪獣とかウルトラマンとかガンダムとか持ったことがないなー。
興味がなかったようだ。それよりも宇宙船とか飛行機とかのほうが
好きだったなー。
子供の時こういうフィギュアを持って遊ぶというのは実は大事だよね。
ストーリーを考えるし、人形の意思も考える、現実と架空を往復する
わけだが、それは自我の内外の区別をつけることになるし、一種の
シミュレーション訓練でもある。そうすると海外の場合は狩猟性民族
だから狩りには連携が必要、つまり社会性が必要なので、意外と
子供の時は遊んでいるのかもしれないね。トイ・ストーリーなんか
みるとそんな感じがする。日本の場合は古来、そういう遊びは無いような
気がする。農耕民族には社会性より秩序とか自然を観察する能力必要なので
どちらかという鑑賞用なのかな。日本人形なんかそうだよね。
おママゴトは別だよね。これは民族に関わらず女性に特有な家庭シミュレーション。
そこは「遊ぶ」人形は必要。


ああ、12時過ぎに仕事から帰ってきて、オレはいったい何書いてんだ(笑)
12月10日ころまでは、かなり仕事が忙しいため・・というより大変なため、
すでに気持ちの余裕無しになってます。
ブログの写真だけは更新続けようと思うものの、コメント返信は遅れがちに
なりますので、ご容赦ください。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

12時過ぎに帰ってきましたが、
この写真の世界がとても面白い。
見てみたい。

前の魔女も心に残ったまま、行けずにいます。

目が大きいフィギュアは苦手な私(笑)
子供の頃はLegoとダイヤブロックでした。
あれにも小さい人形がついていて今でも
変ってないのが良いです。

私も12月は仕事が集中します。
風邪には注意してくださいね~

>shinriさん

またまたー、ご冗談を(笑)。
これ、渋谷の西武百貨店 モヴィータ館の
向かいにありますよ。

>Northpenguinさん

子供の頃はブロック遊びはすごくやりましたね。
レゴとか贅沢なものではなかったですけど、飛行機とか
ロボットを作る時に稼働部を多くしようとして、かなり
考えて作ってましたね。手持ちのブロックの数、形状を
考慮して大きさやデザインを考えていくので、
今から考えると設計の基本をやってるようなものです。
ブロック遊びなんてしないでゲームをやっている子供の
時代には工業も衰えるでしょうねぇ・・・。

そういえば、あっちの方には全然行かないのだわ。
学校も反対方向で、渋谷の町も撮影してないしなぁ。
笑われない様に、たまには散歩してみよっと♪
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。