--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/23

ハリー・ポッターのハエカメラ

stflyingcam.jpg


Leica MP (2004)
Carl Zeiss Biogon T*35mmF2.0ZM
PRO400

InterBEE2007に行ってきました。 InterBEE(国際放送機器展)に行くのは7,8年ぶりでした。
毎年、展示会の開催日が仕事と重なっていたため、行きたくても行かれなかった状態でした。
今年は、バーンと一日使って見てきましたですよ。
この写真はFLYING-CAMというカメラ。有名どころではハリー・ボッター、007、バンヘルシングなど
の映画に使われています。
FLYING-CAMのページに行くとメイキングビデオも見られますよ。
http://www.flying-cam.com/fset.html

その他の写真は続きを読むにあります。 InterBEE写真一挙公開。


stARRI.jpg


これはアリフレックス235という16mmのフィルムカメラ。
重量3kgのセカンドカメラですが490万円。
レンズはもちろん、カール・ツァイスです。
ハイビジョン全盛の時代にフィルムムービーカメラも展示しているとは思わなかったです。

ststdcaam.jpg


これは有名なステディカムですね。今や定番のカメラアシスト機器ですが、これだけも
100万円超えです。下のはステディカムの小型カメラ用です。たしか30万円超えだった
ような気がします。

stidstdy.jpg


このステディカムを持っている外人さんが、ステディカムを撮っている私のところにやってきて、
ひと言、「Oh ! Nice Camera!」と言ってました。
あの銀一も出展していてちょっと見てたら「それツァイスですかー? いいなー」と言ってました。

stminiparabo.jpg


おいおい、中継車じゃなくて、ミニにパラボラアンテナ積む時代かい(笑)
これも好意的に撮らせてくれました。

stsoundst.jpg


最後はプロオーディオのブース。 説明員も客も誰もいない(笑)
なぜか誰もいないので、目立ってしまう(笑)

展示会自体は2000ブースと相変わらず大きいのですが、
昔ほどの派手さや気前良さがなくなりましたね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

外付手ぶれ防止で30万円ですね(笑)
あとはselftimerさんのミニも改造するということで。
積むのはいいですが、電源が問題ですね。

>Northpenguinさん

ステディカムをカメラに使うとブレの心配はないですね(笑)
でもこれ、外人が持っているように、それなりに体力と技量が必要です。
ビデオカメラは三脚使用が基本ですが、三脚を使用せずにアクティブに
撮影できるようになったのは画期的ですよね。
このほか、ロボットのように人の動きに合わせてカメラが動く
装置もありました。
私のミニはクラシックなので、乗せたら走らないかも知れません(笑)
衛星通信で伝送するのはいいですが、実はかなり大変でしょうね。
ちょっと天気が悪くなると通信できなくなるのではないかと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。