--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/09

YS-11FC

stys11.jpg


Leica MP (2004)
SUMMILUX 50mmF1.4 (2nd 1970)
PRO400

国産旅客機のYS-11ですね。これは入間基地所属のYS-11FC 飛行点検機。
・・ところで飛行点検機って何するの? 
ま、それはともかく、少し前にYS-11は旅客機の世界から引退してしまいましたね。
残念ながら一度も乗ったことありません。いや、それで良かったかも知れません。
乗り心地は良くないでしょうから。ゼロ戦の設計をした人達が作ったので、運動性重視の
軍用機ライクな旅客機だったようです。 操舵システムは油圧ではなく、ワイヤーなので
人力による操舵だそうだ(爆) ・・怖いですね(笑)
でもこれ、国産旅客機といえどもエンジンはロールス・ロイスのエンジンなんです。
ロールス・ロイスは車のメーカーというよりジェットエンジンで成長した企業です。
実はジェットエンジンを発明したのはイギリスなんですね。最初に実用化したのはドイツでしょうけど。
もっとデープな話にするとロールス・ロイスがジェットエンジンを作るようになったのは、
実は私の愛車のミニを作っていた会社がジェットエンジンと機体を開発してたのですが、
余計なお世話をしてしまい、それを見て怒ったイギリス政府がロールス・ロイスに
ジェットエンジンの仕事を一式渡しちゃったんですね。それでロールス・ロイスが
ジェットエンジンを作るようになったわけです。アメリカは連合と称してジェットエンジンの
技術をイギリスから強奪したようなものですね。その当時、アメリカは全く技術を持っていなかった。
・・・あれ? YS-11の話を書くつもりだったような(汗)



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

YS-11は何度か乗ったことあります。
今にないまったりした(よく揺れる)旅ができましたよ。
小型機のエンジンや昔のプロペラ機のエンジンを
みると、今の高級車のメーカーがぞろぞろと・・・
BMWは有名すぎますが、最初見たときは(知らなかった頃)
同じエンジンか車に積んであると思ってました(笑)

Norhtpenguinさん

フォッケウルフFw190と大戦末期のジェット戦闘機メッサーシュミットMe262がBMWですね。
いまやロールス・ロイスもBMW傘下ですよ。アンチBMW派としては面白くないですねぇ(笑)
YS-11は音が凄いですね。某空港の格納庫で仕事しているとき
目の前にYS-11が来ると、それはもう地獄といえるほどの騒音。
YS-11にまつわる思い出はそんなものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。