--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/09

パックスリィ

stpac3.jpg


Leica MP (2004)
SUMMILUX 50mmF1.4 (2nd 1970)
PRO400

噂のパックスリィですね。これも初めて見ました。筒が4つになっていますが、さらに1つの筒に
4発入っています。このシステムで32発ってことですね。1発は直径25cm、長さ5.2mの小さな
ミサイルなので射程はせいぜい20km。
このPAC-3は「hit -to -kill」方式。目標の敵弾頭に直撃して破壊します。
・・・なるほど、破壊しないと意味ないですね。でも着弾直近のマッハ20の弾頭をヒットさせる
ことができるんでしょうか。なんと!! 当てるようにするため180個の姿勢制御スラスターが、
この小さいミサイルの弾頭に内蔵されてるんですね。
それって・・レーガン大統領のSDI構想で話題になった、スラスターを噴射しながら空中に静止する
あの小さい機械そのものってこと? なんか凄いハイテクだなー。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。