--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/10/11

陽射しが嬉しい

stroseflea.jpg


Leica MP (2004)
SUMMILUX 50mmF1.4 (2nd 1970)
PRO400
東京都立神代植物公園
1/1000 F4

陽射しが嬉しい・・・薔薇の気持ち。


逆光に弱いこのレンズを逆手に利用しました(マジ)
目で見た「眩しい」も撮れちゃう(笑) わぉ☆

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

眩しさまで再現してしまうとは!
見たまま表現できてしまうんですね~すごいです!

フレア(ですよね?(^^;)も表現方法の一つだと思っておりますので、眩しさが上手く出てて
薔薇の気持ちが感じれますよ。
「さ、光合成しなくちゃ!」と言ったか言わないか・・・( ̄∇ ̄;)

Norhtpenguinさん

そうなんです。ライカのいいところは「見た目」の通りなんです。
ツァイスのレンズを付けても「見た目」通りになりますよ。
(過去のエントリーに記事あり)

こーちゃん

このレンズの1世代目はフレアがでやすいので、2世代目で
改良してコントラストも上げたそうです。ライカレンズは全般的に
フレアがでやすいのですけど。 ツアイスだとこのくらいの写真では
フレアは出ないでしょう。
完璧に写ってしまうのは面白味に欠けるなぁと思いましたです。

撮ろうとして自分も眩しいと思いましたから、薔薇は
眩しさで気を失ってしまってるかもです。 つまり無言(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。