--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/09/12

青成分投入

stmirsum.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
SUPERIA 100

最近、青成分が足りないという人のために青成分投入。
そろそろ、青空を見たくなってきましたね。
青を撮るならやっぱりZeiss Ikonですかね。
ホントにこういう風に撮れちゃうのがいいです。

Leicaでは布幕を傷めるのが怖くて太陽に向けられません。
晴天の日はレンズは常に絞って、最短距離にしカメラを下に向けて
歩くようにしています。うっかりが怖いのでクセになるまで
かなり意識してやっています。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ライカはそういうところも気をつけなくっちゃならないんですねぇ~。
布帯って交換したりすると高いんですか?
やっぱライカだから高いんですよね?きっと。笑

>M's cabrioさん
気を付けるところはまだあって、レンズを外してカメラ内部を
ブロアで吹くのは御法度です。ファインダーや距離計のブロックは
密閉隔離されていないので、ブロアの飛ばしたゴミがファインダーに
入り込んでしまいます。M6は大丈夫ですが、M5に至っては少し巻き
上げた半チャージ状態で保管しないとならないとか面倒です。
ライカのレンズは普通に清掃すると傷がつくそうです。
銀座のライカでM6などオールドライカの修理も最近
対応するようになりましたが、オーバーホールが基本6万円で
見積もりによるとなっています。
他の店でシャッター幕交換は5万円くらいのようです。 
一回オーバーホールで5年使えるという目安です。
まー、カメラの車検みたいなものです。
カメラが高いといいつつ、車持つよりは遥かに安いでしょ(笑)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。