--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/24

緊張感と集中力の差

st5sttempl1.jpg



デジカメから銀塩に持ち替えて、再び高幡不動尊の紫陽花を撮りに行きました。
フィルムも久しぶりにKODAKを選んで硬調な絵で狙ってみました。
前回はK10Dで200カットくらい撮っていたのですが、使えるのは8カットくらいでした。
Zeiss Ikonでは40カット撮って使えるものは22カット。
銀塩では大体、2カット撮っていい方を選ぶので、今回は標準的な効率です。
この差は緊張感と集中度の差ですね。撮れるコマ数が少ないため選んで撮っていかないと
いけません。選んで行くので自然と「よく見て行く」ことにつながっています。
現像しないと結果がわかりませんから、確実に撮るために光を読んで露出を考えます。
今日の2枚はプリントと同じように見えるようにLightroom1.0で 調整しています。

Zeiss Ikon / Carl Zeiss Biogon T*35mmF2.0ZM
Kodak PORTRA 160VC
Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED
Lightroom1.0




紫陽花と五重塔

st4sttenaji2.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。