--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/20

昭和初期の勝手口

stkatte.jpg



昭和初期に立てられた住宅の勝手口から撮影。
このまま入っていくとタイムスリップしそうな感じです。
電球の柔らかい光が、いいですね。

Zeiss Ikon / Carl Zeiss Biogon T*35mmF2.0ZM
FUJICOLOR SUPERIA 100
Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED
Lightroom1.0

勝手口とは台所に設けられた出入口のこと。
この写真の勝手口はひとり分の幅で、昔のサイズですから
両肩が壁にぶつかる幅でした。
カメラを構えると外からの光を遮るので、こんな写真なんです。
シャッタースピードは1/8くらいだったと思います。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんは。
身体の方はすっかりよくなられましたか?^^

懐かしさの中にこの写真のもつ雰囲気や佇まい、美しさがありますね。
昭和の風情が好きなので、拝見していて嬉しくなりました(笑)
これは通りがかりに撮影されたのでしょうか?

>ちはやさん
ゲボゲホ・・・・それがカメラ無しでは生きられない身体になってしまって・・・・。

通りがかりに勝手口から他人の家の中を撮ると、ヤバイしょーw。
それはドロボウの勝手口、もとい手口になってしまいます。
これは東京たてもの園の展示建築物です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。