--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/03

くろひめあじさい

stajisai071.jpg



画像をクリックすると壁紙(1280×1024)サイズになります。

GR-Dの後釜であるK10Dで初撮りです。ペンタックスは初めてです。
コンデジでは超えられない壁をようやく打破した感じです(笑)
K10Dにした理由は絵柄が銀塩に近い感じで撮れること、防塵防滴でコストパフォーマンスが
いいこと。どのISO感度でも低ノイズでなかなか健闘しているところ。
その気になればM42のツァイスレンズが付けられる点でしょうか。
本体の性能はいいと思います。レンズキットで買って当たり前ですが、普段使っている
ツァイスと比べるととてもチープ過ぎです。(比べるなっちゅーの)
レンズは別にそれなりのを買ったほうが良かったです。ハレーション出まくりで抜けが悪いです。
ついでにストロボとバッテリーグリップとSDHC4GBも手元にあったりします(笑)
実際、カメラを持ってみると右側の尖った形状で親指の付け根が痛くなるので
ホールドを楽にするためバッテリーグリップを急遽入手しました。いや、商売上手だねぇ。
2GBのSDを持っているのですがRAWで90枚しか撮れないので、書き込み速度向上も狙って
SDHCの4GBを追加しました。2GBのほうは予備としてバッテリーグリップ内に収納です。
これで壊さずなんとか3年以上は使いたいですね。というか3年以上使わないと元が取れません(笑)
まだまだ発展途上中のデジカメですから常識的にみて今はこれくらいの投資が限界です。
あーあ、セカンド機なのにツァイスのレンズ1本分以上の資金が消えてしまいました(笑)


K10D f5.6 1/80 ISO800 f=82.5mm
Lightroom1.0


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。