--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/17

電話の作法

stdphone.jpg


ダイヤル式の公衆電話が博物館に置いてありました。
ダイヤル式は今から考えると儀式であったと思います。
電話というものは通話する、つまり会話をかわすという道具と
人と「繋がっている」ための道具という側面があります。
無言の会話。電話での「無言の会話」はまさに繋がっていることを
実感しているのでしょう。
ダイヤルは番号を爪まで回すと復元していきますが、
そのいくつもの戻っていく動作の「間」にはどのよう喋るか考えたものです。
ダイヤル式の時代には緊張感があったので、たとえ親にかけるにしても
礼儀というものを考えていたように思います。
今、プッシュダイヤルや携帯電話になっていから気軽にかけられるし
プッシュボタンだと番号を押し間違えないように、一定時間内に押すので
他のことを考えている余裕はないでしょう。
便利かどうかは別にして、ダイヤル式の復元の「間」は電話コミュニケーションの
品性を保っていたのではないでしょうか。
この写真を見ながら、そんなことを思いました。

Zeiss Ikon / Carl Zeiss Biogon T*35mmF2.0ZM
FUJICOLOR SUPERIA 100
Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED
Lightroom1.0


どんなことが書いてあったか知りたい人は「続きを読む」に
「つかいかた」の拡大写真があります。



stusepphone.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ほんとにこのダイアルの間って好きでした。
聞いたハナシですが、110番と119番はかけるヒトがいったん落ち着けるようにわざと1からいちばん遠い0とその次に遠い9が採用されているとの事です。そういう配慮って、いかにもアナログっぽくて、良いですよね。

>Swingbaradeさん
コメントありがとうございます。
ブログの表示がおかしくなっていて、気づくのが遅くなってしまいました。
そういえば110番のダイヤルの位置の話は聞いたことがあります。
ダイヤルは使ったことないですけど、ボタン式は何度か使ったことあります。
新入社員に急性アルコール中毒の症状が出て救急車呼んだりとか、じいさんが道に倒れてて呼んだりとか・・・。
実際使ってみると間は必要ないかなと思ったりしましたw
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。