--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/09/26

Urban density

stflom1.jpg


Zeiss Ikon / Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
Kodak BW400CN
Nikkon SUPER COOLSCAN 5000 ED
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

GR DIGITALよりもハードというか、よりシャープに映っているような気がします。
カッコイイとも、なんだか違う感じ。
品がいい。そんな感じです。

ちはやさん、こんばんは。
んー、品ですかぁ。多分それは映画の1コマと似ているのでは?
使っているレンズを含め、ツァイスの最新カメラレンズは映画用のレンズの技術をふんだんに使っているそうです。映画は大スクリーンに投影する像が甘いと見られませんから凄くシャープに撮れるように設計されています。そういうレンズの味でしょうねぇ・・。

こんばんわ♪

上のコメント拝見して、なるほどーです。
セルフタイマーさんは、絞りはどれくらいで撮っていらっしゃいますか?
あたしは、ついつい、開放か、より開放に近い感じで撮ってしまいます。
こういう、ピタ!っとした写真も撮ってみたいって思うんですけど。
ピタってしてるけど、やわらかいですよね。
光りのせいかなあ。

>映画の1コマ
あ、なるほど。すごく納得しました。
それにしても、日常の1コマなのに非日常に見えますねぇ。。

>しゃらりさん
ええっと・・記録とっていないから自信がないけど、たぶん5.6以下です。光が消えない程度にピントが合う絞り値を見込んでます。それでも相当明るいのでシャッターは1/2000だったと思います。これはもう2/3くらい絞ったほうが良かったです。厳密には失敗したほう(笑)。 トーンはWEB用の補正しているのでオリジナルよりはアンダー気味です。

>ちはやさん
フィルムがモノクロなので、光の強弱をだけ見て撮っています。
モノクロは今や人間の目には非日常ですから、撮り方次第では別ものに見えてきます。それが面白さでもあり難しさでもあります。GR-Dとツァイスで撮ったモノクロを比べるとよく分かりますが色情報が無い分、精細さと階調でカバーできていればカラー写真と同じように楽しめるわけですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。