--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/05/12

如雨露

stjoro.jpg



元はカラーだけどモノクロにしたほうが良い写真でした。
モノクロフィルムはコニカのパンクロマチックという全色感色性のフィルムと
ネオパンオルソマチックのオルソ特性のフィルムがありました。
カラーをモノクロに変えるのはパンクロマチックになりますが、オルソの白黒フィルムとは
トーンが異なります。
そう言えば、昔はDPEにカラーネガを持ってプリントを依頼するとカラー焼きか
白黒焼きを尋ねられたものですが現在のDPEの伝票には白黒の項目が消えていますね。
そのかわりデジタルメディアという項目が入っています。
モノクロフィルムでカラーと同じC-41処理ができるものもありますが、厳密にはモノクロフィルムの
特性ではないようです。
モノクロは処理工場が少ないため現像に日数がかかり手軽ではなくなりました。
スキャンしたフィルムにソフト上で色フィルターをかけてオルソ特性の白黒フィルムに
近づける方法のテクニックも取得したいところですね。

Zeiss Ikon / Carl Zeiss Biogon T*35mmF2.0ZM
FUJICOLOR SUPERIA 100
Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。