--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/21

今月の写真集

stkaseya.jpg



今月の写真集はカセ屋良太郎氏の「illumination」という写真集を買いました。
写真は19枚で主に琵琶湖のモノクロ写真です。
本のサイズは縦18cm横15cmのサイズでちょうどいい大きさです。
琵琶湖なので水面と空が入った岸辺の風景だけです。しかし・・・

うわっ、何この立体感。精細さもトーンもすげー。

そういうわけでモノクロ写真のパフォーマンスがよくわかる写真集です。
たぶん低感度フィルムと中判や大判カメラの組み合わせでしょう。
どの写真も「濃い」です。こういう写真を一生に一度でいいから撮って見たいものです。

なんと写真集の立ち読みが出来ます。電子データでこれですから本はどういう質になるか
想像がつくと思います。
http://www.creatorsworld.net/pdf3/978-4-289-00502-4/070301.pdf


「illumination」カセ屋良太郎 (カセ=糸+戸)
出版社 新風社 http://www.shinpusha.co.jp/
価格 1900円
ここから出版されている、カエルのこころシリーズ「カエルの惑星」ポストカードも面白いです。
http://www.pub.co.jp/kaeru/

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

立ち読みしてきした。
本当に繊細で、モノクロなのにイメージの先に色が見えるようですね。
いい写真集を教えてくださってありがとうございます♪

>ちはやさん
水面と湖底の描写が面白いでしょ? 水が水らしく写っているし。
何気ないものをいかに撮るか、湖畔で見られる光のエッセンスを
いかに上手く捉えているか分かる作品だと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。