--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/09

青緑桜色

stsakurairo.jpg


空の青色、葉っぱの緑色、そして桜の色。
やっぱり3つがうまく揃うと、どれも映えますね。


Zeiss Ikon / Carl Zeiss Biogon T*35mmF2.0ZM
FUJICOLOR SP100 (「業」記録用カラーフィルム)
Nikon SUPER COOLSCAN 5000 ED

この写真・・・うまく色が揃う場所を狙いましたw。
露出計で測って、絞りは被写界深度を考えながら、緑がアンダーに
ならないように、桜がオーバーにならないように・・・・
植物を撮るなら露出計は絶対必要ですね。ほぼ100%、キレイに撮れます。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ほんと

きれいですねー♪
黒くなるか白くなるか、どっちかですもん、あたし。

カメラ屋さんに行っ露出計みてきました。
セコニックのアナログのデラックスⅢとかいうの、本当は3万円ちょっとなのに、新古で19800円で。
グラグラ魅かれたんですが(見た目も好きだったし)。
カメラ屋さんにケンコーのデジタルの5万円のを勧められて(ミノルタの技術がそっくり移行された新商品らしいです)。
いったん、帰ってきました。
「カメラって物欲との戦いですね」って最後に言ったら「そうですねー」って苦笑いしてました。
まあ。それだから、カメラ屋さんは成り立ってるんだもんね。

>しゃらりさん
あー、ケ○コーはやめとこ・・・。スペック分からんし。重たそうだし。
デカそうだし。軽くて小さいほうがいいと思うよ。なぜかというと
計測するときの取り回しが悪いから。カメラと露出計を持って
歩く時、重いと落とし易いし気軽に測れないです。
スタジオデラックスはストロボの光に対応しないよ。

お見事です

色のバランスがすばらしいですね。なるほど、露出ですか・・。
ネガだと許容範囲が広いので露出オートのまま撮ることが
多いのですが、なるほど、こうして丁寧に測光して撮れば、
これだけ綺麗に撮れるのですね。とても勉強になりました。

>うっちーさん
露出計のおかげで花を撮るのが楽しくなりました。
カメラの露出だと植物の種類によって細かい補正が必要ですから
とても覚えられません(笑) 露出計だとその花の色のまま撮れて
しまうので必須ですね。 
それはいいとしてRFカメラだと近距離はこれが限界。
花はやはり一眼レフでマクロを使いたいところです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。