2009/11/28

読んでる本

jett2.jpg

Nikon S600

今年もあと1ヶ月か・・・、なんか全然、写真撮らない年でしたねぇ。
そのかわり本は読んだかな。ただし、仕事の本だけどね。まともにWEBアプリケーション
プログラムを組んでましたねぇ。今度は○○年ぶりに電子回路を考えるという珍しいことに
なってます。まあ純粋に好きでやってるんですが(笑)
回路学のほとんどを忘れてましたけど、始めると案外思い出してくるものですねぇ。
そういうわけで、たまに晒すのもいいかということで今読んでる本、入手待ちの本など列挙。
普通の小説など読んで心の糧としたいところだけど、
現実は勉強しないといけないことが多くて、小説読んでる余裕がないんですよ。

音響映像設備マニュアル2009

トランジスタ技術SPECIAL (No.52)

ビデオ信号の基礎とその操作法

図解入門 よくわかる最新レンズの基本と仕組み

CCD・CMOSカメラ技術入門

うっ・・・これも面白そうだな・・買っちゃお。
トランジスタ技術 (Transistor Gijutsu) 2009年 11月号

なんか、ヤバいな(笑) 趣味変わるんじゃないか(笑)

スポンサーサイト
2009/11/22

ミニの夢

minia.jpg

Leica M6
Zeiss Ikon / Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM

そろそろ写真集作るのに過去の写真を漁っていたら、こんな写真がありました。
自分の車を撮っただけなんですが、いかに小さい車か良くわかるという写真です。
駐車場に停めるとこんな感じなので、他の車に隠れてしまいます。
最近はあまり無くなったけど、実はこれが悪夢の原因で、夢の中で自分の車を探し回る夢を
みるんです。ひどい時はこの夢にさらに車を整備するための部品探しとか、盗まれる夢を
プラスして見てましたねぇ・・・。
最近はBMW製の新型MINIを多く見かけるようになりました。
いいんですけど、やっぱり乗り換える気は起きないですね。
乗って12年、あちこち軋んでボロが出てきているけど、そのボロさに人間味を
感じるし危ういところが面白いからなんでしょうねぇ・・・




2009/11/15

ホーカー・ビーチクラフト

chofuapbw.jpg

Leica MP
SUMMICROM 35mm F2 ASPH.
RVP100

ホーカーはイギリスの航空機メーカーなんだけど米国レイセオンに吸収されてビーチ社と
合併した形で再設立したようですね。ホーカーもビーチも設立者の名前です。
エルンスト・ライツ・カナダも米国レイセオンに吸収されてんですよねぇ。




2009/11/10

いいぞぉーGXR

rosep07k102.jpg

K10D

リコーの新製品が発表になりましたねぇ。
メーカーのホームページに充分な情報が公開されている点でさらに好感度アップです。

<気に入った点>
大きさと重さはGRをほんの少し大きくしただけ
操作系は従来と変わらない
50mmレンズはピントリングがあり、手でも操作できる点。 単焦点。
レンズのヌケを考慮したローパスフィルター設計
50mmとAPS-Cの組み合わせで良好なボケ味が得られる設計
シャッターボタンが円形になった点
RAWが使える点
価格 (単品でみれば高いが性能や品質から見て妥当な価格設定と思う)

<残念な点>
28mmの固定焦点APS-Cが無い点
これをリリースして欲しければお布施しなさいって感じ?
手ぶれ補正が無い

んー、価格的には50mmユニットのフルセットならライカX1といい勝負ですね。
GXRほうが圧倒的に、お買い得感があります。大きさは横長か縦長の違いで互角。
堅牢性は互角ですが故障率なら構造が単純なX1が有利。レスポンスやフィット感は
実際に持ってみないと分かりません。画質はX1のほうが上のような感じがしますが
GRレンズですからGXRも侮れない。心配なのは相変わらずノイズの多いGRエンジン。
昔、GR使っていて、これで50mmだったら完璧と思ったことがあったのでAPS-Cで
ノイズが抑えられていれば、ホントに傑作カメラかもしれませんね。
ユーザーと一緒に成長するカメラって感じで玄人向けのカメラになってきましたね。
このような状況になってくると、カメラをどのような使い方にするか良く考えないと
いけませんねぇ・・。



2009/11/03

次回に持ち越し

roservp50-12d.jpg

Leica MP
SUMMILUX 50mmF1.4
RVP50

今日は入間基地の航空祭でしたが、明日からの仕事のため撮影は中止しました。
金曜日まで、ちょっと大変(泣) 飛行機の知識詰め直して準備は一応OK(笑)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。