2009/08/31

Panthera uncia

vis80.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

たれねこっ! さんでSnowLeopardにアップグレードという話があったので
私も早速入れてみました。インストール時間はOS本体は50分、Xcodeは30分でした。
Xcodeは必須じゃないけど、そのうち開発環境いれてホニャララ(笑)しょうと思って
いたので入れておきました。

mailのトラブルとかはなかったですが、起動時にBuletoothが勝手にONになって
外部キーボードの入力待ちに。ノート本体のキーボードが全く使えない状態でしたが
再起動してログイン画面が出たらすぐに入力でOK。すぐに設定変えました。

全てとはいえませんが、スムーズに動くようになりました。ある程度OSが学習してくると
安定するのかなと思います。
私の場合はパソコンの反応で待てる時間が半拍(一拍の半分)までなので、それを基準にスムーズという話ですが・・・。
32bitアプリケーションでも違いが出てくるのだから、64bitにしたくなってきます。
Lightroom1.4でもいい具合に早くなりますが、Lightroom2.0で64bit処理狙いますか。

さて、題名のPanthera unciaはなんて読む? パンテラ・ウンキア(ウンシア)。雪豹の学名。
ちなみにラッキー君の学名はFelis catus フェリス・カトゥース。小型ネコの家猫って意味。
雪豹の学名何かな~って調べました。ネコ科は全部Felisかと思ってましたが違うんですね。
学名はすべてラテン語です。発音はほとんどローマ字読みと思っていいですけど、ちょっと
テクニック必要です。ウンキアの意味は1/12ということでインチ(inch)の語源。
パンサー12頭のうち1頭の割合でしか居ないパンサーって意味かもしれませんね。
絶滅危惧種なんですよね。







スポンサーサイト
2009/08/25

テディベア(Teddy bear )

sdb1.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

テディベアという名のひまわりだそうな。
クマのキャラクターでは、くまのパディントンが好きだな。車(旧ミニ)のマスコットだし。
うさぎならミッフィー、ねこならチーだな(笑)。

本日のYOUTUBE

村松 健  ハイドランジャ

松岡直也_One Last Farewell

本多 俊之 マルサの女


2009/08/22

Red Bull

viz03m.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

車といえばカーレース。カーレースといえばF-1。知らない人はいない。
車には及ばないけど飛行機も100年以上の歴史がある。
あれ? 曲芸飛行はあるけど、そういえば飛行機レースは?
そんな感じで出来たのが空のF-1。レッドブル・エアレース。日本人も参戦してます。
このレースがあるのは知っていたけど、不景気や環境問題でF-1もしょぼく感じるように
なったので、これからはレッドブル・エアレースに注目しようと思うのです。
車のレースじゃなくて飛行機のレースってのは宇宙時代にふさわしい感じがします。

レッドブル・エアレース公式ホームページ

スポンサーはBREITLING(ブライトリング)。オメガじゃなくパイロット御用達の
ブライトリングってのが格好良すぎ。
周りにオメガを持っている人はけっこういますが、さすがにブライトリングの腕時計を
持っている人は見た事ありません。あまりに高すぎて買えません。
私は場合はオメガどころか精々、ハミルトンで精一杯でしょう(笑)










 



2009/08/18

Feel so good

viz23.jpg


Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

本日のYOUTUBE

曲名を見たら思い出したFeel so good。
これはほんとに良く聴いた。今日、たぶん30年ぶりに聴いたけど、
フレーズは隅から隅まで全部覚えてたよ。
Children Of SanchezはCMにも使われたような記憶が・・
本日のYOUTUBEのテーマは「音楽嗜好の原点」かw


Chuck Mangione - Feel so good

Chuck Mangione Children Of Sanchez


Lee Ritenour & Bob James - Westchester Lady

Touchdown-Bob James





2009/08/17

夏の感想文

vaz1.jpg

Leica MP
SUMMICRON-M 35mm F2 ASPH
RVP50

ひまわりの写真に初挑戦です。ほんとは夏休みに瀬戸内のほうに行って
広いひまわり畑で撮りたかったのですが、あの豪雨と地震。
リスクが有り過ぎなのであきらめました。
近郊の小さなひまわり畑で撮りましたけど、面白かったです。
たぶんキャパの写真だと思いますが、印象の強いひまわり畑の写真がありまして
いつかそんな写真を撮ってみたいなと・・・、たぶん毎年撮る事になるでしょう。
薔薇と違ってきれいな形や色という「華」の要素が無いくせに、極端に大きかったり
小さかったり、色は扱いにくい黄色が主だったり、葉のもつ色の波長も独特。
大きいとやはり強い光源(太陽)が必要で、雲に太陽が少し隠れただけで映えなく
なります。背が高いから基本的に逆光になるうえ、花自体のコントラストが高いので
撮影は非常に難しいと感じました。MライカだとISO50またはそれ以下じゃないと
撮れない感じです。今回の機材とフィルムの組み合わせでなんとか撮りました。
漠然と撮るなら簡単ですが、どのような絵にするかコントロールしようとすると
大変です。力強い花ですからコントロールできると楽しい写真になるだろうと
思います。撮影は難しい分、撮れたら楽しい、それがひまわりの魅力かなと思います。
で・・・しばらく、ひまわりの写真が続くであろうブログであります。
だって、ひまわりの写真しか撮ってないんだもん。
あと、ハービー山口氏の写真展に行ってきました。写真集LONDONも買ってきました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。