2009/04/24

剥がれ落ちていく

stlove.jpg

Zeiss Ikon / Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM

鬼親化けの皮剥がれ落ちる。

まったく、想像もつかん事件もあったもんだ。
スポンサーサイト
2008/02/07

屈折したガイトウ

stsanbslig.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss Biogon T*35mmF2ZM
SUPERIA100


電柱でも街灯でもまっすぐ立っていないとダメだ。
そんなストレスを感じながら撮ったものだが、
写真を撮る時も「○○でないとダメだ」という無意識の
自己規制が入っていると面白いものは見つけられないし撮れない。
いかに自己規制に捕われているか、時々考えてみるのも良いだろう。
この写真、こうやってエントリーしていても、やっぱり
電柱でも街灯でもまっすぐ立っていないとダメだ。
と、思うわけ。そこに頭の柔らかさが欲しいんだよね。


・・・週末、土日は雪ですか。そうですか(怒) 
とっくにネタ切れ状態なので晴天にして欲しいのですが。
肝心な時に外れてくれない天気予報、肝心な時に当たってくれない天気予報。
気分はもうアンギラス。アンギャー!!! ゴー(火を吐く音)

2008/01/13

悩ましきトルソー

sttrso07.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
SUPERIA 400

8月に撮ったトルソーの写真。やっとエントリー出来ました。
この写真は失敗ではないのですが、翌週、横浜に撮り直しに
行ったくらいのこだわりのある写真です。
画像調整をしていたら4ヶ月経ってました。
服の質感、バックの緑の色合いとグラディーション、トルソーの明暗。
これくらい手間のかかった写真はないですね。軽く100回くらい調整に
トライしています。背景のクインズスクウェアの文字を強調するため
青系の輝度を強くしたら、なんと全体が落ち着いたというオチ。
別にどうってことのない題材ですが・・・(笑)

2008/01/11

一杯飲んでまふ

stliquor.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
SUPERIA 400

ここ数日ハマってるのがSMIRNOFF ICE。
そう、ウオッカのスミノフ アイスなのれす。
もちろん飲みながら記事書いてます。

キャパシティはあっても滅多に自分から酒を飲まないのですが
寒さで硬くなったカラダと緊張をほぐすためにと、ちょっと1本
飲んだのがヤバかった。
甘すぎるが、あまりの美味しさに毎日買って、
1本、2本、3本と日ごとに買う本数が増えてるんですけど(笑)
明日は雨だし朝から飲むかなどと思ってるくらいだからヤバイ(笑)
私としては非常に珍しい現象。ただ美味しいだけの理由なんですが。
まあ、冬の寒い時期だし、いいんじゃないかと。

http://smirnoff.jp


2008/01/07

店の年輪

miyakocle.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
PRO400


横浜元町のたしか代官坂でしたかねぇ・・・。
キレイでおしゃれな家や店が並ぶ坂にも、
このクリーニング店のように戦後まもなくから
建っていそうな建物いくつかありました。
なぜ「戦後まもなくなのか」というと看板です。
進駐軍相手に始めたという感じがします。
看板も壁もオレンジと赤の庇も昭和の風情ですね。

2007/12/18

彼女の目に彼女は何を見たのか

stblwh.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss Biogon T*35mmF2.0ZM
PRO400

えー、まず今日の写真とタイトルは無関係です(笑)

今日は写真を一枚、頂きました。
その写真をここでお見せできませんが、
レイテ島の少女を撮ったものです。
撮影者の女性はベストの1枚として、わざわざ手間をかけて
プリントしてくれたものです。写真が下手なのーといいつつ、
この頂いた写真は実はすごい写真だったりします。
なにが凄いかというと被写体の少女の目線はカメラに向いて
いますが、少女はカメラに対して構えているわけでもなく
ごく自然に素のまま写っている点です。その少女の内面が
そのまま目を通して写っているという感じです。
ブレッソン風にいうならば「内なる静寂」というべきでしょうか。
ここで、撮影者はイメージ通りの瞬間が撮れたとしています。
この写真は何をきっかけにシャッターを押し、何をもって
この写真がベストして選ばれたのでしょうか?
撮影者の女性の目と少女の目・・・。
彼女の目に彼女は何を見たのか。

2007/11/28

ニキ・ド・サンファル

stniki.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss Biogon T*35mmF2.0ZM
PRO400

多摩市にあるベネッセのビルは個性的なアートやオブジェで飾っています。
この写真は、その正面入口にある極彩色の異様なオブジェ。
目と鼻の先にはキティちゃんのサンリオピューロランドがあるためか、
ギャップが大きく、非常にサイケデリックな異彩を放つものです。
いやぁ・・・なんだろうなこれ。こんなのを置くベネッセもビルには
稼働率の高い、屋上ヘリポートやプラネタリウムもあるし・・・。

どうやら、ニキ・ド・サンファルの作品「大きな蛇の樹」のようです。
高校か中学の美術の教科書に載っているそうで。
ええーっ、そんなの知らないよぉ

そういうわけで、ニキ・ド・サンファルのホームページ

http://www.niki-museum.jp/index.htm



2007/11/19

きのこそば、税込み2100円

stkuenai.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM

鍋焼きうどん2100円、ハヤシライスも2100円。
今時の外食事情である。
ただし、メニューの模型の値段であるが。
しかし、こういう値段にならんとも限らん。
すべて国内の素材だけで作ったら、こうなるかも知れないが。
実際、名古屋の鍋焼きうどんは1200円とか・・
2007/10/24

銃口

stzpu2a.jpg



stzpu2b.jpg



Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5
SUPERIA100

14.5mm対空機関銃ZPU2 (ソ連製)
破壊力は戦車に積んでいる12.7mm機関銃の2倍はあるかな。
銃口初速976m/s。射程500mで32mmの鋼鉄装甲を貫通するんだね。
最大実用射程距離は1.4kmくらいだったような・・。
ジェット機には当てられないけど、レシプロ機やヘリコプターなら簡単だね。
日本の哨戒機を落とすために、不審船に装備されていたという。
後ろの船体は不審船に積まれていた高速小型艇。
今もどこかで日本に向けられている銃口である。

あー、ELCANのレンズ(軍用レンズ)が欲しいニャーと思ったりして。
ピントが合ったところは思い切り立体感があって、絞り込むとバリバリにシャープ。
今のライカのレンズデザインはELCANから派生しているらしいです。
デザインはエレガントじゃなくてエルカンだったのね。そういう目でみれば無駄なものを
こそぎ落として機能優先のMPなんか特にミリタリーデザインって感じですね。
別に軍用ライカを持つ気はないけど、どういう使われ方をして来たものなのかは興味あります。
エルカンはエルンスト・ライツ・カナダのことですが、今はレイセオン傘下のバリバリな
軍事企業だったりします。民間向けにも光学製品のOEMはしているようですが。
2007/10/23

赤レンガの難しい看板

stmichal.jpg



Zeiss Ikon
Carl Zeiss Biogon T*35mmF2ZM
SUPERIA100
横浜 赤レンガ倉庫内
写真は無調整

ご存知の方の多いと思いますが、赤レンガ倉庫にある店舗の大看板です。
こんなところで撮っていいのか、いいはずもない(笑)
撮影条件は照明が弱い、出入り口付近なので黒地がテカる、立体かつコントラストあり。
狭いし人の往来が激しいところで、すばやく撮ってみました。
なかなかイケますね。いや、レンズのことですが(笑)


2007/10/23

趣きのあるドア

stkaikodoor.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss Biogon T*35mmF2ZM
SUPERIA100
横浜開港記念会館

んー、Zeiss Ikonで撮った写真も白飛びと黒つぶれを抑えた低コントラストに
調整してみるとライカに負けない質感が出てますねぇ。
像がクリアになればなるほど、レンズを通して描写されているんだというのが
分かってきます。でもそれが出せるのはやはり「フィルムにとって適正な露出」であって
ジャストミートさせるのは実はかなりシビアなのだと思います。
この写真はたまたま「フィルムにとって適正な露出」になったのだと思います。
私がライカにこだわり出したのは「フィルムにとって適正な露出」を得る測光精度です。
ただこの一点でライカを選んでいます。もっとも使い方を誤れば意味はありませんが(笑)
2007/10/19

機械は叩けば動く

stnightingale.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
SUPERIA100

ふぅー、助かったぁ。
風呂入ろうとしたらガス給湯機が動かなくてパニックでしたよ。
なんでお湯が出ない? ガス止められたのか? 口座引き落としだから
そんなはずはない(笑) 地震があったのか? そうでもない。
ガス系統、電気系統OK。 も、もしかして故障ーっ? 修理店はすでに閉店。
よりによってこんな時に!! 今週は展示会があって連続3日間立ちっ放しなのだ。
会場は暑いうえに背広は脱げない。明日一日と終了後に撤収作業があるので
どうしても風呂に入りたいのだ。銭湯は近くにないし、行っても閉店間際。
さぁーどうする。 着火しない原因を考えた。考えても給湯器のメカなんて知らない。
分解するわけにもいかない。んー、よくあるのは点火プラグの電極隙間不良だろう。
もしくはゴミが挟まったとか、錆びが浮いて間隔がおかしくなったとか。
季節柄、温度変化によってメカや構造の歪みなんてのもあるだろう。
やっばアレをやるか・・・座右の銘「機械は叩けば動く」
今回は叩いても効果なさそうなので叩き+揺さぶり。ちょっと危ないけど。
う、うごいた(泣) あはっあはは、動いたぞ! 神様ありがとう。
そうして風呂上がりに、この文を書いてるわけです。
さあ、もう寝よう、朝は5時起きだ(泣) あと一日だ。


(ご参考)
前回の「機械は叩けば動く・・う、動いた、動いたぞ」はGR DIGITALの故障時でした。

2007/09/29

STAR JEWELRYの時計

ststarjewelrys.jpg


Zeiss Ikon
Carl Zeiss C Sonnar T*50mmF1.5ZM
SUPERIA 400
横浜 元町 STAR JEWELRY本店

元町でこの店が一番ハイセンスかな。店舗にはミュージアムもあります。
屋根には大きな天体望遠鏡。
そういえば、雑誌でけっこう話題になったなー。

http://www.star-jewelry.com/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。