2011/04/04

急性放射線症候群

horm_20110404213555.jpg

 なんか原発から8kmのところに居る人のブログを見たけど、頭痛、発熱、下痢、喉の痛みなど完全に急性放射線症候群の前駆期の症状がででますね。鼻血か出たり粘膜が痛いとか言ってるし、3~4Gyくらいは食らってる感じがします。4Gyが無対策無治療で2ヶ月以内に死亡する確率が50%だから危険ですね。ちょうど3週間だから潜伏期が終わったくらい。これから10日以内に一挙に症状がでます。免疫力が落ちて感染症起こしたり、敗血症で取り返しのつかないことになります。このブログの人は死にたいから規制をかいくぐって居座っているようですけどね。
 前にも書きましたけど、文科省のデータやフランスの放射能研究機関の見解、チェルノブィリ教訓と照らし合わせると政府の話よりも、やはり100倍は危険かもしれません。官房長官が放射線が落ち着いた今頃になって、大気飛散データを隠してたってことですから、おい・・ちょっと待てってことになります。これから半月の間に30km圏内で放射線症の人が出たり、その騒ぎから50km圏以上の避難勧告が出たら、政府はどう責任を取るのでしょうかね。
大気に飛散した放射性物質は全体に希釈されて降るわけではありません。爆撃のあとのようにホットスポットで高濃度の放射線が塊で落ちます。それはチェルノブィリ周辺がそのようになっています。放射能版の火山弾みたいなものです。だから遠く離れたところでも、すごく線量の高いところと低いところが出て来て混乱するわけです。
どうしてそうなるのかは専門家じゃないから分かりませんが、たぶん放射性物質と大気の電荷の関係で塊になるのでしょう。まあ、ほんとに身を守りたかったら線量計を持って歩くしかないでしょう。でもどんな線量計を持つかは色々と知識が必要で安易に買ってしまうのはおすすめできませんが・・・。
 話は変わりますが、低レベルの汚染水を海に投棄しましたが、これも止めてもらいたいですね。低レベルだから良いってことでしょうか。それだったら敷地内に投棄しても安全なのではと思ってしまいます。環境、環境と言ってきた企業が簡単に海に投棄する。海外と繋がっているんだから周辺国は迷惑です。中国は昨年、国民総動員法というのを施行しました。このなかに主に中国領土、領海、またはそれに隣接する自然環境を破壊する国に対し武力を公使できるという一文があります。賢明な方なら分かると思いますが、これは大義名分です。こんな原発対処をしているようでは侵略の理由にされ、国際社会から中国が非難されても、「こいつら(日本)は自然環境を破壊してるから」で終わってしまいます。中国からも色々と支援してもらってますが見方によっては、すでに侵略の布石にしているでしょう。善意で行動するような国(共産党)ではないですから。復興や原発事故に意識が行っていますが、弱くなっているところにどのような時限爆弾を仕掛けられるかわからないし、国際的地位や国権も奪われかねない状況に置かれていることを認識して行動しなければなりません。それが危機管理というものです。

危機管理の名言があります。「予見と対処の差が被害の差」

どうです? 一連の原発騒動をみても納得のいく言葉ではありませんか?
予見する能力は低いかもしれないが悪い事に、予見は出来ているが責任を取りたくなくて隠蔽したり、誤摩化している部分もあると思います。日本人はどうしてこうなのか? 私は日本人の「腹切り」国民性だと思います。責任取るってことは腹切るってことです。失敗したら死。実際そうだと思います。就職に失敗したらそのまま死な世の中です。これが悪いように作用しているのだと思います。程度の違いはあれ、死にたくないので責任回避。こういう民族性から脱皮しないと未来はないです。でも反面、腹切りには「潔さ」もあります。日本人がよく口にする「仕方が無い」が、それそのものですけど。これを意識して上手く使うとものすごく進歩すると思います。




スポンサーサイト
2008/03/20

舞台での耐久力

stspot.jpg


Norhpenguinさんのところで舞台袖の写真がアップされていたので
対抗してスポットライトの写真を(笑)
ちはやさんも五月に日本舞踊の初舞台なので、某著名劇団系列の社会人劇団で役者
した時の話をちょっと書きましょうかね。役者の心を知らないと映像も撮れないし、
ディレクションもできないってことで、仕事がらみの動機でしたけど(笑)

「舞台の上の時間は短く感じるもの」とありますが、確かに短いですね。
短く感じない時、それはパニック状態の時でしょう。
一般の人、1000人の前で演じた時の話ですが、舞台に出たとたん観客が放つ引力に
引っ張られましたね。ここで驚いて素に戻る(注1)と呑込まれてしまいます。
呑込まれないようにするには、自分に対する自信と信頼のみです。
これが冷静さを保つために重要です。冷静さがないと他の役者と台詞を噛んだり(注2)
台詞が飛んだりします。緊張なんかした日にゃ滑舌が悪くなり、客席の最後列まで
声が飛んでいるか心配したりすると集中力が欠けてしまいます。(マイクは使わない)
そういう時に魔が差すわけですね。
この時、舞台のど真ん中で3分ほど独り言をいう長台詞がありましたが、さすがに
長く感じました。12ポイントの文字でA4縦書き1枚びっしりの台詞です。
もちろん感情を入れないといけませんし、所作(注3)もあります。
実際、中間あたりで台詞が飛びそうになりました(笑) 独り言ですから他の役者が
リカバリーできません。しかもこの時は舞台に立っているのはわたしだけ。
その時、演技をしながら何を考えたか・・・「役の気持ちそのままにしていれば
自然に台詞が出てくる」でした。もちろん問題なく役をこなしましたよ(笑)
つまり、役を作っていたからです。教師の役でしたがその教師の心情と演ずる意味を
稽古の中で叩き込まれ、自分で考えていたからです。演劇では台詞が芝居を作っていく
ものです。しかし単に台詞を覚えていれば役をこなせるわけではないのです。
ちはやさんも厳しい稽古が続くと思いますが、どんな小さなことでも無駄なものは
一つもありませんのでしっかり吸収してください。日本舞踊ははっきりいって難しい
です。台詞がない分、動きが全てです。動きで感情を表現しなければなりません。
しかも着物ですから、動くのは大変。稽古では動きを覚えるのは当然ですが、役の
意味も心情の移り変わりも叩き込んでおかなければ、いざという時に対処出来なくなります。
それと、芝居にもありますが、芝居以上に大事な間(注4)のとり方、これは先生が
良しというまで稽古するしかないでしょう。体のバランスのとり方も大変ですね。
舞台での耐久力をつけるため、とにかくがんばってくださいね★
 
(注1) 素(す)に戻る  演じている役から普通の自分に戻ってしまうこと
(注2) 台詞をかむ   他の役者が話す台詞と声が被ってしまうこと。
(注3) 所作(しょさく) 仕草、性癖などの動き。
(注4) 間(ま) 動作や台詞、感情の吐露などのタイミング

写真は舞台用ホールで10mの高さに吊っているスポットライト。
下側が舞台です。

2007/07/28

再会

stkumash.jpg


とある喫茶店に置いてあるクマ。この前、彼に会ったのは20年前。
ずーっとそこにいるんだよね。店の中も雰囲気も全く変わってないや。
変わったのは年を重ねた常連と店のマスター。
珈琲の香りが時間をゆっくりと進めている静寂の空間。


作り話ではなくて、ホントの話ね。

2007/07/17

DADADA DANCE

stdance.jpg



Shinriさんの舞台写真に触発されて、昔の写真を引っぱり出してきました。
とは言ってもレトロフィルムムービーのように味付けしてます。
シャッタースピードは1秒ですけど、こんなに動くんですねー。
ミュージカル劇のダンスオーディションの一コマです。

Shinriさんのブログ
働きながら写真学校に通って精力的に学んでいる方です。 尊敬しちゃうなー。


2007/07/16

まったりココちゃん

stharikomi.jpg


まったりと張り込み中のココちゃん。
シャムネコの好きなところはマリンブルーな目と、
こんがりと適度に焦げ目のついたパンのような毛並み。
社交的でお行儀がよく、物静かなところ。
しっぽをピンと立てて、ニャーニャー喋りながら、
並んで歩くネコ。






2007/06/01

羽田空港2

sthanedastar.jpg


これもHDRソフトでダイナミックレンジを上げたもの。
デジカメだけで、これくらいのダイナミックレンジで撮れるといいんだけどね。
吹き抜けから身を乗り出して、天井撮ってます。


GR DIGITAL 21mm
Photomaix Pro+Lightroom
2007/05/31

羽田空港

sthaneda.jpg


久々の更新です。まだ本調子ではないですが(笑)
kohchan's 25hoursで教えて頂いたPhotomatix ProというHDRソフトを購入して
GR-Dの写真に自分なりのHDR処理をしてみました。
コンデジのボケボケ写真もこのソフトとLightroomを上手く使うと、けっこういい線いきますね。


2007/05/14

サスペンスもん

stgrbrigredred.jpg


一年前に撮ったGR DIGITALの写真をひっぱり出して来て、Lightroomでゴニョゴニョ。
それなりに格好良くなったけど・・「月並みじゃー」って更にガシガシにした写真です。
サスペンス小説単行本によくある安パターンの表紙になったので処理終了。



ガシガシ前の写真

stgrbrig.jpg



2007/03/19

ようやく梅が咲き出した

stume07.jpg


・・と思うくらい冬に逆戻り。北風野郎、う~~ぅ めっ!
いやあ、連日、北風が強いと撮影に行く気がしませんねぇ。
フィルム買って、カメラの手入れして気持ち的にはウズウズしているのですけど。
そういう時は写真集を見るなり、技法本を読んだりとインプットするのが
いいです。人間、アウトプットばかりでは疲れてしまいます。
インとアウトきちんと分けることも大切。なにもしないというのも大事。
え? 写真ネタ? 切れてます(笑)
ポートフォリオ作る時に見つけた写真をしばらくUPして誤摩化していきます(笑)。


2007/03/12

動く待ちあわせ場所

stugoku1.jpg


サンドイッチマンかと思ったら・・・
なんと!「動く待ちあわせ場所」かい! (汗)


なんか、空しくなってくるな、こういうのを見ると。
最近、よく思うけど世の中がマンガ化してきてるよね。
あり得ないことがあり得るって、それはマンガの模倣という世界。
ゆとり世代なのか、生活のためなのか、単なる遊びか、真面目なのか、
もうわけわからん・・・・。これオレの頭じゃ解析不能な事件。

減耗GR-DIGITALで「動く待ちあわせ場所」を撮る。

続きを読む

2007/03/10

霧の絨毯

stfogcarpet.jpg


霧を上空から見ると柔らかい絨毯のようです。
飛行機は最終着陸アプローチ。霧がなかったら地上はばっちり見えるはず。
地上側の青は海です。
水平飛行に移るため、ちょっくらエアブレーキで揚力剥離中。

GR-DIGITAL


2007/03/09

雲上のループ

sttrair.jpg



雲は下から見るより上から見たほうが、やっぱりキレイだよね。

GR-DIGITAL


東京上空、着陸直前のループ。地上と雲と空を写すチャンス。
航空法に定められたギリギリの時間まで撮ってしまうのでした。
2007/02/11

Rollei35Tの電池?

p625u.jpg


ビックカメラで見つけたp625u(1.5V)という電池。もしかしてPX625電池(1.35V)の代用ができる?
MR-9というアダプターとLR43(1.55V酸化銀電池)で使用可能なことは知っていたが、
3000円ちかくで売っていた。p625uは90円。さてどーする?
まー転けたら、90円の損。動けば2910円の費用削減になる。
取り替えてみた。あれ? 心なしかひとまわり小さい。とにかく換えてみよう。

う、動くぞコイツ。 カメラを振り回して接触を確認。大丈夫だ(笑)
てきとーな電池交換でした。
2007/02/03

鬼でわるかったちゃねーっ!!

stdengeki.jpg


カメラを持って住宅街を歩いていると、あちらこちらから「福は内ーっ、鬼は外ぉー」という声が聞こえてきます。
なんか、日本らしくてほのぼの・・・。
ちょうど通りかかった家の中から「鬼でわるかったちゃねーっ!!」「のぁぁぁーっっ!!」と聞こえたので咄嗟にシャッターを切りました。

GR DIGITALってアニメの世界も写るんです・・ね。
2007/01/25

もうね・・梅だよ

stch1.jpg


たまには花なんか撮りたいなーと思いながら通勤していたら、花が咲いている梅を見つけてしまったよ。
時期的にはおかしくないけど、1ヶ月ほど気の早い梅だなー。
今年の冬は暖かいけど、寒くなるのが遅いだけかなー。
このまま暖かくなって欲しいけど、そんなに甘くないかなw
去年はこの時期からインフルエンザが流行したから気が抜けませんね。ご用心を。
冬が暖かい年は台風の数が増えるので、それも困る。去年はいつも雨でしたからねぇ。
この写真は去年の3月11日に撮ったものです。

写真集の「うめめ」(梅佳代)を買いました。やっぱり面白いですよ。ご近所ハプニング写真。

http://www.littlemore.co.jp/book/kobetsu/art/umeme.html
2007/01/23

翼を胸に

stwing.jpg



翼といえば、鳥の翼、飛行機の翼、そしてハートの翼・・・。
誰でも翼は持っていたい。それは自分を支えてくれる。

GR DIGITAL 28mm

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。